(c) HAYAKAWA Tomoyoshi

展覧会概要

タイトル:「静かの海 Mare Tranquillitatis」巡回展 in すさみ町

作家名:早川 知芳

会期

2018年11月9日(金)〜2019年1月末日まで (会期延長の可能性あり)

休廊日

不定休

*イベントや天候により休廊する場合あり。遠方よりお越しの際は必ず事前にご連絡ください。

開廊時間

13:00〜19:00

会場

gallery2299

648-2621 和歌山県西牟婁郡すさみ町周参見2299 ゲストハウスMarinBase内
TEL 090-3847-7423(お問い合わせ)

*本展示の会場は gallery 176 ではありませんので、ご注意ください。

企画

gallery 176 早川知芳

概要

2018年5月に gallery 176 にて開催した運営メンバー早川知芳の初の個展「静かの海MareTranquillitatis」の巡回展が、11月9日より、和歌山県すさみ町に新しく出来たギャラリー・gallery2299にて始まりました。

作品説明

荒涼とした磯に立ち海に対峙する釣り人のドキュメントです。

釣り人の追っている魚は、ヒラスズキ。

季節は冬、穏やかな海には姿を現さないヒラスズキが、釣り人が手の届く磯際に姿を現すのは、人を拒絶するような荒れた海。その時を待っていた釣り人は、波風が逆巻く磯際に立ち海に対峙し、ヒラスズキを狙う。その環境は苛酷で、海に引きずり込まれたり断崖から落ちて命を落とす事もある・・・

私自身ヒラスズキを追う釣り人として磯際を歩き続けいる中で、容赦なく叩きつける波風に翻弄され身体を磯に叩き付けられたり波に飲み込まれて海の底に引きずり込まれかけたりと幾度か命を落としそうになりながら、何故ここまでしてヒラスズキを追うのか?という自問が湧き上がりました。その自問を認識した時から、磯際の風景がそれまでのものと全く違って見えるようになりました。

何故釣り人はそこまでしてヒラスズキを追うのか?

ただヒラスズキを釣るためだけではない、釣り人が海に対峙する本当の理由は何なのか?それを探るために、釣竿をカメラに持ち替えて、冬の紀伊半島の荒涼な原始が剥き出しの磯でヒラスズキを追う釣り人を撮影し始めました。撮影を始めて12年、問いに対して未だ海は沈黙したままで、ただ釣り人の眼前に広がるのは「静かの海」そのものです。

 

Mare Tranquillitatis(ラテン語 静かの海)

展示構成

大型インクジェットプリント(モノクロ・カラー混在)を中心に展示。

プロフィール

早川 知芳(はやかわ ともよし)

1974年大阪生まれ
大阪芸術大学中退
在学中の95年に休学し、パリ・テルアビブ・エルサレム・パレスチナ自治区・アテネ・イスタンブール・ローマなどを放浪し帰国後暫くして退学。旅費や生活費はテルアビブで働いて得る。
2000年に約1年ほどブラジルを中心に南米に滞在し、アマゾン河で釣りをしたりイースター島へ渡ったりして過ごす。
帰国後、広告写真家の助手になり、後に独立、個人事務所設立。
2016年 APAアワード入選
グループ展など
How are you,PHOTOGRAPHY?展(京都写真クラブ主宰 2012年より毎年参加)
大阪写真月間150人の一坪展(2013年より毎年参加)
個展は今回が初開催