gallery 176の感染防止対策に関して

 

 gallery 176では、6月より写真展を再開していますが、今後の感染の推移によっては、展示を延期または中止、無観客での開催、webのみ公開に変更する場合があります。その際は、webやSNSでお知らせします。

 写真展を開催するにあたっては、お客様をはじめ、展示作家、ギャラリー運営関係者の健康に配慮し、以下の感染防止対策を行います。

ご来廊に関して

  • ご来廊の際は、マスクの着用をお願いします。
  • ギャラリー2階入口にて、手指消毒用の消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。
  • 発熱や咳、咽頭痛、だるさや息苦しさなどの症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
  • ギャラリーに一度にご来廊いただける人数を、5名程度とさせていただきます。混雑が発生した場合は、1階入口(階段下)にてお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
  • スクーリングなど大人数でのご来場は、当面の間ご遠慮ください。
  • 人と人との間隔を充分に開けて作品をご鑑賞ください。

ご連絡先記入に関して

  • 万が一ギャラリー関係者等から新型コロナウイルス発症があった場合、連絡を差し上げられるよう、芳名帳へご連絡先の記入をお願いします(ご記入いただく連絡先、氏名などの個人情報については各展示来場者としての記録、DM等の広報物の発送以外に使用することはありません)。
  • ギャラリー2階入口に「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを掲示しています。こちらへのメールアドレス登録にもご協力お願いします。
  • スマートフォンをご利用の方は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の利用もご検討ください。

ギャラリーの環境、運営に関して

  • ギャラリーでは、上部の窓を開けて換気をし、1階入口(階段下)のビニールカーテンは取り外しています。筆記用具、手すり等は、定期的に除菌しています。また、来廊者のトイレのご利用は中止させていただいています。ご了承ください。
  • ギャラリー在廊担当(展示作家、またはギャラリースタッフ)は、毎日の検温などの健康管理、手洗いや消毒、マスクの着用を行っています。
  • オープニングパーティーは、当面の間、開催を見合わせます。
  • トークイベントは、参加人数を減らし、感染防止対策を行った上で開催する予定です。

  皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。ご来廊を心よりお待ちしております。

 

 2020年8月8日

gallery 176

本山周平写真展「日本 2010-2020」

展覧会概要

タイトル:「日本 2010-2020」

作家名:本山 周平

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年12月3日(金)〜12月14日(火)

休廊日

12月8日(水)、9日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 布垣昌邦

開催概要

初めて本山周平さんをお見掛けしたのは、自分がまだビジュアルアーツ大阪の学生の頃のphotographers’ gallery立ち上げの時の講演会でした。北島敬三さんがまだ若かりし笹岡啓子さんと本山周平さんを連れて話されていて、メンバーでgalleryを立ち上げる事への憧れをよく友達と話していた事を思い出します。その時見た SM TABLOID が本山作品との出会いでした。

それ以降本山さんが発表する度に食い入るように写真の勉強をさせて頂き自分の作品と向き合ってきました。 時を経て初めて出会ったのは5年前にgallery 176で展示された時(本山周平展「日本 2001 – 2016」)で、話をしていくうちに本山さんの生き方を追いかけて来たような気がして、間違いではなかったと確信した事を覚えています。

gallery 176のメンバーとして参加できているのもあの時の憧れで、その本山さんの展示が出来る事はうれしい限りです。 是非関西の皆さんにも本山さんの生き方を体感して頂けると光栄に思います。

gallery 176 布垣昌邦

作品説明

「日本」は20年に渡る日本各地の光景を捉えたシリーズとなる。時を経て浮かび上がる各地の小さな出来事にこそ、現代の日本の様々な象徴が浮かび上がる。モノクロームでこのシリーズの作品を発表し続けてきた本山にとって集大成となる作品群。2010年から2020年までの10年間の写真で構成された写真集『NIPPON 2010-2020』(蒼穹舎より2021年1月1日刊行)より29点をセレクトして展示。

2001年から20年の月日をかけて撮影された本山周平3冊の写真集『日本』の写真のなかにはいわゆる絶景といった風景が写されているわけではない。住宅街や路地裏、海水浴場や温泉街、山村や港町など様々な土地で暮らす人々の営みが風景に溶け込んでいる。それは誰もがいつか見たことがあるような風景なのかもしれない。その日々の断片は日本のありのままの姿が宿っているようだ。この数十年間で撮られた写真ではあるが、はるか昔に撮られた写真のようにも見える。日常生活のなかから日々の光景に目を向け、モノクロームの精緻で独特なトーンで写しだされる。日本各地の町や村で写し出された写真一枚一枚と本山の往還は、現在と過去とを行き来するような時間の旅路を見てとれる。

展示構成

モノクロ29点、小全紙

 

会期中の作家在廊予定

作家本山さんは、12月10日(金)、11日(土)、12日(日)に在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

12月11日(土)の開廊時間について

12月11日(土)は、トークイベント開催のため、17:30以降はイベント参加者以外の方は入廊することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、17:30までにお越しください。

*当日は、17:30に一旦ギャラリーをクローズし、17:50からトークイベントの受付・入場を開始します。

12月12日(日)の開廊時間について

12月12日(日)は、ポートフォリオレビュー開催のため、参加者以外の方は18:00まで入廊することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、18:00以降にお越しください。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

田中ヒロ写真展「Chicharrón」

展覧会概要

タイトル:「Chicharrón」

作家名:田中 ヒロ

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年1月14日(金)〜1月25日(火)

休廊日

1月19日(水)、20日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 鈴木郁子

開催概要

10代よりパンクロックバンドとの交流を持つ作家はアメリカに数年住んでおり、その頃にバントのツアーに同行し舞台だけでなく旅の写真、ライブのバックヤードの写真などをまとめた写真集を出す。その後帰国し日本をベースに世界各地のフォトアワードに選ばれ活躍。

このたびgallery 176で展示の運びとなったのは写真家・尾仲浩二氏のワークショップで同期だった176メンバー鈴木によるもの。

作品説明

奇想天外な奇才、田中ヒロ

フラッシュを強く焚いて写真を撮る作品はこれまでの写真史の中に多く存在しています。かの有名なイギリスの写真家Martin Parrをはじめ、モノクロが主流だった時代に歴史を遡っても多くのフラッシュマンと呼称される作家は数多く存在しているのです。

そんな中で、田中ヒロの何が凄いかと言うとそれを赤ちゃんが歩き始めるように、ごく自然に当たり前にやってのけたことだと。まさしく奇才と呼べると思っています。

彼はスーパーの福引で当選した海外行きのチケットを手にしてから紆余曲折しながら、本場のバンドマンが見たい!と憧れのアメリカ行きのチケットに換え、現地のバンドマンと意気投合をして、アメリカツアーに一緒に同行することになった。

ここまで書いていても「こんな夢物語あるのだろうか」と。思わずにはいられないのだが、彼の人生はここから大きく変わることになる。バンドマンのひとりが田中ヒロに「ただ着いて来ているだけじゃ勿体ないからカメラで写真でも撮っていれば?」とカメラを渡したのだ。

その時点でカメラを手にしたことはなかった田中ヒロはそこから写真という世界に足を踏み入れ、写真の歴史も写真という表現も何も知らない状態だったのにも関わらず、Robert FrankやLee Friedlandeなどと言ったアメリカ写真界において重要な人物を彷彿とさせる写真を撮れてしまっているから本当に驚いた。

その後、様々な経験を経てフラッシュを使う作品を撮り始め、アメリカのレコード会社から「Dew,Dew,Dew,Its!(2013)」が刊行されるのだった。

赤ちゃんが歩き始めたら恐ろしいものだ。

彼は自分でダミーブックという、仮で自分の写真集を手作りしたもので競い合う大会が世界各国で開催されているのを知り参加し始めたのだ。

そして彼はやってのけた。写真界において知名度が高いフランス・アルルで開催される「アルル国際フォトフェスティバル」のダミーブックアワードで受賞してしまった。

これは赤ちゃんが空を飛ぶくらい衝撃なことで、理解するのに数十分はかかった。

その後、田中ヒロが手作りしたそのダミーブックはイタリアの出版社から刊行され、紛れもなく彼は逆輸入型の写真家になった。

田中ヒロとは、まさに奇才である。

bookobscura 黒﨑由衣

展示構成

アルル国際写真祭りにてComsos Arles PDF Aaward 受賞作Chicharrónの展示
カラープリント:L判、小半切、全紙、他 +大型シート

 

会期中の作家在廊予定

作家田中さんは全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

川井ケンゾー写真展「なにげなくをさりげなく」

川井ケンゾー写真展会期延期のお知らせ

7月2日から開催する予定でした川井ケンゾー写真展「なにげなくをさりげなく」は、コロナ禍での開催について作者と調整を進めて来ましたが、緊急事態宣言の発令が出ていることを考慮し川井さんと企画舎との間で話し合いをした結果、展示を延期することに決定致しました。延期時期は来年2022年での開催をを予定しております。会期決定致しましたら、改めてお知らせさせていただきます。楽しみにしていただいた方々開催までしばらくの時間お待ちいただければと思います。

川井ケンゾー展企画担当 松原豊(2021年9月8日)

展覧会概要

タイトル:「なにげなくをさりげなく」

作家名:川井 ケンゾー

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年7月2日(金)〜7月11日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

*開催延期/日程調整中(2022年開催予定で準備中)

休廊日

7月5日(月)〜8日(木) *通常と休廊日が異なります(金土日のみ開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

開催概要

川井さんは兵庫県在住の写真家。一年に3冊のペースで自作の写真冊子を制作している方でもあります。今回国内各地の変わりゆく地方を記録撮影したシリーズの白黒写真作品を展示します。休日写真家として歩んできた川井さんの写真軌跡を会場でご覧いただければと思います。


gallery 176 松原豊

作品説明

私は、スナップショットが好きで、休日の限られた時間に街頭へ繰り出しては、シャッターを押すことを繰り返してきました。

近年は、人口減少時代を迎えて急激に変わりつつある日本の姿を少しでも記録しておきたいという思いも重なり、地方へも足を伸ばしています。

それぞれの現場では、予めイメージしていたその土地を象徴する景色のほかに、無名のなにげないシーンに数多く出会います。私は、できる限り自然体で、時には無意識のままに、さりげなく、それらをカメラに収めます。

写真になることが全く予期されていなかったものが写真となって眼の前に再び立ち現れたとき、私は、何よりも強固なリアリティと醍醐味を感じるのです。国内各地で撮った写真は撮影地ごとの冊子にまとめ、2017年からシリーズ「日本の地方」として刊行している冊子は、13冊を数えます。展示プリントは、冊子に収録した写真に未発表のものを交えて構成します。

川井ケンゾー

展示構成

インクジェットモノクロプリント28点(予定)、210×297mm。
冊子13点、A4判、40ページ。
川井さんのインタビューを掲載した季刊誌「NAGI-84号」(月兎舎)

 

会期中の作家在廊予定

作家川井さんは会期中在廊予定です。在廊予定の詳細は、後日Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »