松原豊写真展「知立」

展覧会概要

タイトル:「知立」

作家名:松原 豊

会期

2020年6月5日(金)〜6月14日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

6月8日(月)〜11日(木) *通常と休廊日が異なります

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

作品説明

私が愛知県知立市に演劇の記録撮影のためはじめて訪れたのが2013年。駅前では再開発が緩やかにはじまっていた。「まもなく無くなる風景だな」と少し意識しながら1年間ほど主に駅前での撮影を進めた。酒を呑むために入ったスナック「函館」では北島サブちゃんの肖像画が飾ってあった。初めて入ったその店で私は調子にのりカラオケを歌い呑んだ。そして酔った。あれから7年ほどの月日が流れ電車越しに見る駅前の風景は随分と変わっていた。

展示構成

インクジェットカラー作品、撮影年 2013年

関連展示

2020 Spring Photo Exhibition 松原豊写真展「知立」

会場:gallery0369|514-2113 三重県津市美里町三郷369番地
会期:2020年4月10日(金)~13日(月)、17日(金)~20日(月)
開廊時間:13:00〜18:00

» 続きはこちら

鈴木郁子写真展「奄美 1/2 (half)」

©︎ IKUKO SUZUKI

お知らせ

4月10日より予定しておりました鈴木郁子写真展はコロナ感染拡大による外出自粛の要請、ならびにご来場の皆様の安全のために延期いたします。

新たな日程が決まりましたら、こちらでお知らせいたします。

皆さまの、ご健康と1日も早い事態収束を願い、gallery 176でお会いできる日をお待ち申し上げます。

鈴木郁子

*延期していた鈴木郁子写真展「奄美 1/2 (half)」を、6月19日(金)〜6月30日(火)に開催します。

展覧会概要

タイトル:「奄美 1/2 (half)」

作家名:鈴木 郁子

会期

2020年6月19日(金)〜6月30日(火)

*4月10日(金)〜4月21日(火)から開催日を変更

休廊日

6月24日(水)、25日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 鈴木郁子

作品説明

「フィルムカメラ・旅写真」がこれまで1番多く展示にまとめた方法だった。

今回、約3年ぶりに展示を見据えた旅計画を立て、行き先を奄美に決めた。

初めて訪れる地で感じた物・事を一瞬に収めるにはと考え、コニカFT-1プロハーフというハーフサイズカメラで撮影した。

36枚撮フィルムの頭から最後まで撮ると72カット。

コンタクトシートをみると至極個人的選択によって集合した奄美が現れた。

展示構成

タイプC カラープリント プリントサイズ 11×14
インクジェット出力 A0

関連展示

鈴木郁子写真展「奄美 1/2 (half)」

会場:Gallery街道|東京都中野区中野5-14-5 ハウスポートB1
会期:2020年3月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)
開廊時間:13:00〜19:00

 

会期中の作家在廊予定

作家鈴木の在廊予定は、決まり次第こちらでお知らせします。

» 続きはこちら

西川善康写真展「garden」

展覧会概要

タイトル:「garden」

作家名:西川 善康

会期

2020年7月3日(金)〜7月14日(火)

休廊日

7月8日(水)、9日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 西川善康

展示概要

 作者西川は、写真を本格的に始める前は、造園を学び、造園設計(公園、屋外空間等)に従事していました。gallery 176 に運営メンバーとして参加後、自らの原点である造園、庭園に関連する作品をグループ展(gallery 176 再開企画「176 reborn」台北交流展 gallery 176 写真家6人|それぞれの視点、それぞれの世界 等)及びフォトフェア(TAIWAN PHOTO 2017、TAIWAN PHOTO 2018TAIWAN PHOTO 2019)で発表してきました。今回、これら庭園に関する作品群を、初めて個展として発表します。

作品説明

 英語の“garden”という言葉の語源は、古代ヘブライ語の防御するという意味の“gan”と、悦び(よろこび)、愉しみ(たのしみ)という意味の“eden”です。いわば、庭園(garden)とは、「安全で快適な場所」であり、「人間にとっての理想世界」をイメージさせるものです。(参考文献:進士五十八(しんじ・いそや)著「日本の庭園 」)

 私は、その庭園(主に日本庭園)で、歩き回りながら写真を撮り続けています。園路をひたすら歩き、立ち止まり、再び歩く、それを繰り返します。歩くにつれて視線が移動し、視野が変わり、新たな風景が見えてきます。その途中で、見え隠れする樹々や石、苔、突然現れる水の流れなど、その場その場の風景を切り取っています。

 この作品は、理想世界である庭園で、私が自らの内なる美意識を信じ、美しい、心地良いと感じて切り取った、理想的な風景の断片です。

展示構成

archival pigment print(インクジェットプリント) 約20点(予定)

 

会期中の作家在廊予定

作家西川は、全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、facebook、twitterでお知らせします。

» 続きはこちら

波多野祐貴写真展「Call」

©︎ Yuki Hatano

お知らせ

新型コロナウィルス感染拡大のため、波多野祐貴写真展「Call」の開催を延期いたします。新たな日程が決まりましたら、こちらでお知らせいたします。

*延期していた波多野祐貴写真展「Call」を、7月18日(土)〜7月28日(火)に開催します。

展覧会概要

タイトル:「Call」

作家名:波多野 祐貴

会期

2020年7月18日(土)〜7月28日(火) *会期初日の曜日が通常と異なります

*4月25日(土)〜5月5日(火・祝)から開催日を変更

休廊日

7月22日(水) *休廊日が通常と異なります

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 波多野祐貴

作品説明

にぎやかな都市の光景はその裏側を意識させる。

色彩と陰影のベールをはらりとめくったら、

そこが台湾であるかないか、男と女、あなたとわたし、生き物とそうでないもの、

一切合切が綯い交ぜになった世界が広がっているのではないだろうか。

その人その物の奥底からほのかに匂い立つ微光のようなものに、

呼びかけるように、呼ばれるように、撮ってみようと思った。

展示構成

インクジェットプリント 約40点(予定)

 

会期中の作家在廊予定

作家波多野の在廊予定は、決まり次第こちらでお知らせします。

» 続きはこちら

酒航太写真展「Future Primitive」

© Kota Sake

お知らせ

5月8日より予定しておりましたgallery176×スタジオ35分交流展企画、酒航太写真展「FUTURE PRIMITIVE」は新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡大防止のため、延期を決定致しました。

楽しみにしてくださっていた皆さまには大変残念なお知らせとなってしまいましたが、また状況が好転し開催が決まり次第、SNS等でお知らせ致します。

一日も早い収束と皆さまのご健康を心よりお祈り申し上げます。

坂東正沙子

*酒航太写真展「Future Primitive」は、来年2021年開催で調整しています。

展覧会概要

スタジオ35分 × gallery 176交流展

タイトル:「Future Primitive」

作家名:酒 航太

会期

2020年5月8日(金)〜5月19日(火)

*2021年開催で日程調整中

休廊日

513()14()

*2021年開催で日程調整中

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 坂東正沙子

概要

 第三回交流展企画、スタジオ35分 × gallery 176交流展を開催致します。

 東京都中野区新井薬師前にあるギャラリー&バー、スタジオ35分のオーナーであり写真家の酒航太さんをお招きし、自身の作品「Future Primitive」を展示して頂きます。また、今秋にはgallery 176メンバーの坂東正沙子がスタジオ35分にて展示を予定しております。

 昨年初めてお会いした際に、写真を見ていただいたりお話を聞かせて頂き、交流を深めていきたいという思いがきっかけで企画を相談したところ、快く引き受けて下さり今回の運びとなりました。普段はギャラリーオーナーとして確かな審美眼で有名無名、過去現在、表現技法問わず作家を見出し独自の視点で企画展示を行っていますが、今回は写真家としての酒航太さんを知って頂く機会になればと思います。

 酒さんの写真におさめられた動物たちは私たちが認識している“動物”から何か別のものへと変容したような、あるいはあちらが人間であるかのような違和感があります。しかし、それは私たち自身がその枠の中でしか彼等を見ていないため、その認識からズレが生じた一瞬を切り取った姿が奇妙に見えてくるのではないかと思います。先入観を取っ払い、対象を対象として目を向けているからこそ見えてくる姿であり、そこには紛れもないリアリティが存在します。造り物のような実物、フェイクのようなリアルをぜひご堪能ください。

 大阪では貴重な展示になります。皆様のご来場お待ちしております。

gallery 176 坂東正沙子

作品説明

暗闇で跳ねている者や水中でぬぅっと佇んでいる者を間近で凝視していると同じ地球上の生物と思えなくなり、地球外生命体やエイリアンに思えてくる時がある。

この感覚に入るとシャッターを切る回数が俄然増えて、異常に興奮してくる。

この瞬間、僕は人間ではなくなっているのかもしれない。

酒 航太

展示構成

ゼラチンシルバープリント、額装

 

会期中の作家在廊予定

作家酒さんの在廊予定は、開催日程が決まり次第、こちらとfacebook、twitterでお知らせします。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »