gallery 176の感染防止対策に関して

 

 gallery 176では、6月より写真展を再開していますが、今後の感染の推移によっては、展示を延期または中止、無観客での開催、webのみ公開に変更する場合があります。その際は、webやSNSでお知らせします。

 写真展を開催するにあたっては、お客様をはじめ、展示作家、ギャラリー運営関係者の健康に配慮し、以下の感染防止対策を行います。

ご来廊に関して

  • ご来廊の際は、マスクの着用をお願いします。
  • ギャラリー2階入口にて、手指消毒用の消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。
  • 発熱や咳、咽頭痛、だるさや息苦しさなどの症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
  • ギャラリーに一度にご来廊いただける人数を、5名程度とさせていただきます。混雑が発生した場合は、1階入口(階段下)にてお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
  • スクーリングなど大人数でのご来場は、当面の間ご遠慮ください。
  • 人と人との間隔を充分に開けて作品をご鑑賞ください。

ご連絡先記入に関して

  • 万が一ギャラリー関係者等から新型コロナウイルス発症があった場合、連絡を差し上げられるよう、芳名帳へご連絡先の記入をお願いします(ご記入いただく連絡先、氏名などの個人情報については各展示来場者としての記録、DM等の広報物の発送以外に使用することはありません)。
  • ギャラリー2階入口に「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを掲示しています。こちらへのメールアドレス登録にもご協力お願いします。
  • スマートフォンをご利用の方は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の利用もご検討ください。

ギャラリーの環境、運営に関して

  • ギャラリーでは、上部の窓を開けて換気をし、1階入口(階段下)のビニールカーテンは取り外しています。筆記用具、手すり等は、定期的に除菌しています。また、来廊者のトイレのご利用は中止させていただいています。ご了承ください。
  • ギャラリー在廊担当(展示作家、またはギャラリースタッフ)は、毎日の検温などの健康管理、手洗いや消毒、マスクの着用を行っています。
  • オープニングパーティーは、当面の間、開催を見合わせます。
  • トークイベントは、参加人数を減らし、感染防止対策を行った上で開催する予定です。

  皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。ご来廊を心よりお待ちしております。

 

 2020年8月8日

gallery 176

坂東正沙子写真展「RESIDUES」

© Bando Masako

展覧会概要

タイトル:「RESIDUES」

作家名:坂東 正沙子

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2020年10月23日(金)〜11月3日(火)

休廊日

10月26日(月)~10月30日(金)  *通常と休廊日が異なります

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 坂東正沙子

ステートメント

飛び散った液体の粒や掠れた線は生きた証のような残滓だ。

私はそこに“何か”を感じる。

儚さや虚しさ、或いは痛みや哀しみのようなものかもしれないが、それが何なのか知る必要はない。

衝動の熱量と激しさを纏った動きのダイナミズム、そして物質が生む偶然の美しさに、ただただ魅了される。

それだけで十分だ。

写真によってその場所から切り離し、この名もなき“何か”をここに提示したい。

展示構成

インスタレーション

 

会期中の作家在廊予定

作家坂東は全日在廊予定です。在廊予定に変更がありましたら、Facebook等でお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

尾仲浩二写真展「すこし色あせた旅 Little Faded Trip」

©︎ Koji Onaka

展覧会概要

タイトル:「すこし色あせた旅 Little Faded Trip」

作家名:尾仲 浩二

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2020年11月6日(金)〜11月17日(火)

休廊日

11月11日(水)、12日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176

開催概要

尾仲さんと私(松原)は2007年の名古屋中京大C・スクエアでの企画展で初めて顔を合わせました。そのとき野村恵子さんと一緒に三重の私の家に泊まっていただいたことがお酒を酌み交わすようになった出発点。以後お互いの写真展に足を運んだり運んでもらったりという時間を重ねています。併せてメンバーである鈴木が尾仲さんの主宰するギャラリー街道のメンバーであることもきっかけとなり、今回の写真展が実現することになりました。 今回の展示ではコロナ禍の中、約20年前に撮影してすでに退色をはじめたネガカラーフィルムからプリントした作品を展示し、同タイトルの写真集も販売致します。 尾仲さんはこれまでたくさんの写真集も制作されています。それらの写真集も写真展会場でご覧になれます。尾仲浩二ワールドをどうぞご堪能ください。

*今回の展示は大阪 gallery 176と三重 gallery0369 (2020年11月20日(金)〜22日(日)、27日(金)〜29日(日))の巡回展となります。

gallery 176 松原豊(本企画担当)

作品説明

2020年どこにも行けなかったこの春、暗室に籠って古い旅の写真をプリントしました。

20年ほど前のネガカラーフィルムはすでに退色が始まっていましたが、その微妙な色合いが面白く、いい感じだったので写真集にすることにしました。

また自由に旅ができる日が早く来ることを願って。

尾仲浩二

展示構成

ネガカラープリント(サイズ350x235mm)21点

 

会期中の作家在廊予定

作家尾仲さんは、11月7日(土)、8日(日)、14日(土)、15日(日)に在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

写真を観る会 #5

*2018年7月開催の「写真を観る会」の様子

イベント:写真を観る会 #5

*今回はイベントのため、写真の展示はありません。

開催概要

 gallery 176運営メンバーの布垣が、作品作りをしているが作品発表の場が無い方、発表方法がわからない方等の作品を拝見し、作品作り、展覧会開催などのアドバイスをします。参加された方は、gallery 176での写真展開催(メンバー布垣の企画として、費用は別途必要)の可能性があります。

開催日

2020年11月23日(月・祝)

企画

gallery 176 布垣昌邦

 

「写真を観る会 #5」募集内容

開催日

2020年11月23日(月・祝)

開催時間

13:00〜/14:00〜/15:00〜/16:00〜/17:00〜(5回開催、各回30〜45分程度)

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)
大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

募集対象

個展開催未経験(グループ展参加はOK)の若手、中堅の写真作家(作家志望含む)、年齢不問、ただし自ら作品を制作している方

*「写真を観る会」開催中は、記録及び今後の広報のために写真、ビデオ撮影を行います。その際、参加者及び参加者の作品が写り込む場合があります。もし、写り込みを希望されない方は、開始前にお申し出ください。

参加費

1,500円(要予約)

*30歳未満の方は参加費を1,000円に割り引きさせていただきます。

定員

各回 1名

参加者にご用意していただくもの

各自の作品、作品はキャビネ(2L)〜六つ切り(A4)サイズ程度で20〜25枚程度(個展が開催できる枚数)。作品はファイルに綴じていても構いませんが、机に作品を全てを並べて観る予定なので、すぐに取り出せるようにしておいてください。作品はデータは不可で必ずプリントで持参して下さい。作品は個展開催を想定してまとめたものが望ましいです。

担当

布垣昌邦+ギャラリー運営メンバー

申込み方法

こちらのフォームからお申し込みください。

≫ お申し込みフォーム

» 続きはこちら

松原豊写真展 Local public bath “Sento”

© Matsubara Yutaka / Local public bath “Sento” /Ikezawayu2020

展覧会概要

タイトル:Local public bath “Sento”

作家名:松原 豊

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2020年12月4日(金)〜12月20日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

12月7日(月)〜10日(木)、14日(月)〜17日(木) *通常と休廊日が異なります(金曜、土曜、日曜のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

開催概要

2020年7月にgallery 176の交流展としてTOTEM POLE PHOTO GALLERYで開催した松原豊写真展 2020 Local public bath “Sento”をgallery 176で開催します。

作品説明

日本には独特の庶⺠文化「銭湯=公衆浴場」という場所が存在しています。私は在住地三重県(伊勢神宮や鈴鹿 サーキットのあるところです)に在る銭湯の記録撮影を続けています。施設と経営 者の高齢化などで減少の一途 をたどっている銭湯ですが、そこは男風呂、女風呂で壁面の絵柄が違っていることも多くデザインとしても面白く楽しい。また古い銭湯には使い続けられた場所特有の(例えば壁面に入ったひび割れたタイルのように)時間 経過や生活感を感じさせてくれる部分が多く残っていて施設固有の歴史が刻み込まれています。まもなく消え去ろうとしている日本庶⺠生活文化「銭湯」の姿を細密描写で記録した写真でお届けします。

撮影 4×5 inch大型カメラ、アナログフィルム使用 、一部デジタルカメラ使用

展示構成

20インチ×24インチ(額装)作品 20数点展示予定

制作年:2006-2020年
メディア:インクジェット出力プリント(プリント制作 Labo0369)

 

会期中の作家在廊予定

作家松原は全日在廊予定です。在廊予定が変更になる場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »