gallery 176の感染防止対策に関して

 

 gallery 176では、6月より写真展を再開していますが、今後の感染の推移によっては、展示を延期または中止、無観客での開催、webのみ公開に変更する場合があります。その際は、webやSNSでお知らせします。

 写真展を開催するにあたっては、お客様をはじめ、展示作家、ギャラリー運営関係者の健康に配慮し、以下の感染防止対策を行います。

ご来廊に関して

  • ご来廊の際は、マスクの着用をお願いします。
  • ギャラリー2階入口にて、手指消毒用の消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。
  • 発熱や咳、咽頭痛、だるさや息苦しさなどの症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
  • ギャラリーに一度にご来廊いただける人数を、5名程度とさせていただきます。混雑が発生した場合は、1階入口(階段下)にてお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
  • スクーリングなど大人数でのご来場は、当面の間ご遠慮ください。
  • 人と人との間隔を充分に開けて作品をご鑑賞ください。

ご連絡先記入に関して

  • 万が一ギャラリー関係者等から新型コロナウイルス発症があった場合、連絡を差し上げられるよう、芳名帳へご連絡先の記入をお願いします(ご記入いただく連絡先、氏名などの個人情報については各展示来場者としての記録、DM等の広報物の発送以外に使用することはありません)。
  • ギャラリー2階入口に「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを掲示しています。こちらへのメールアドレス登録にもご協力お願いします。
  • スマートフォンをご利用の方は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の利用もご検討ください。

ギャラリーの環境、運営に関して

  • ギャラリーでは、上部の窓を開けて換気をし、1階入口(階段下)のビニールカーテンは取り外しています。筆記用具、手すり等は、定期的に除菌しています。また、来廊者のトイレのご利用は中止させていただいています。ご了承ください。
  • ギャラリー在廊担当(展示作家、またはギャラリースタッフ)は、毎日の検温などの健康管理、手洗いや消毒、マスクの着用を行っています。
  • オープニングパーティーは、当面の間、開催を見合わせます。
  • トークイベントは、参加人数を減らし、感染防止対策を行った上で開催する予定です。

  皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。ご来廊を心よりお待ちしております。

 

 2020年8月8日

gallery 176

田中ヒロ写真展「Chicharrón」

展覧会概要

タイトル:「Chicharrón」

作家名:田中 ヒロ

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年1月14日(金)〜1月25日(火)

休廊日

1月19日(水)、20日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 鈴木郁子

開催概要

10代よりパンクロックバンドとの交流を持つ作家はアメリカに数年住んでおり、その頃にバントのツアーに同行し舞台だけでなく旅の写真、ライブのバックヤードの写真などをまとめた写真集を出す。その後帰国し日本をベースに世界各地のフォトアワードに選ばれ活躍。

このたびgallery 176で展示の運びとなったのは写真家・尾仲浩二氏のワークショップで同期だった176メンバー鈴木によるもの。

作品説明

奇想天外な奇才、田中ヒロ

フラッシュを強く焚いて写真を撮る作品はこれまでの写真史の中に多く存在しています。かの有名なイギリスの写真家Martin Parrをはじめ、モノクロが主流だった時代に歴史を遡っても多くのフラッシュマンと呼称される作家は数多く存在しているのです。

そんな中で、田中ヒロの何が凄いかと言うとそれを赤ちゃんが歩き始めるように、ごく自然に当たり前にやってのけたことだと。まさしく奇才と呼べると思っています。

彼はスーパーの福引で当選した海外行きのチケットを手にしてから紆余曲折しながら、本場のバンドマンが見たい!と憧れのアメリカ行きのチケットに換え、現地のバンドマンと意気投合をして、アメリカツアーに一緒に同行することになった。

ここまで書いていても「こんな夢物語あるのだろうか」と。思わずにはいられないのだが、彼の人生はここから大きく変わることになる。バンドマンのひとりが田中ヒロに「ただ着いて来ているだけじゃ勿体ないからカメラで写真でも撮っていれば?」とカメラを渡したのだ。

その時点でカメラを手にしたことはなかった田中ヒロはそこから写真という世界に足を踏み入れ、写真の歴史も写真という表現も何も知らない状態だったのにも関わらず、Robert FrankやLee Friedlandeなどと言ったアメリカ写真界において重要な人物を彷彿とさせる写真を撮れてしまっているから本当に驚いた。

その後、様々な経験を経てフラッシュを使う作品を撮り始め、アメリカのレコード会社から「Dew,Dew,Dew,Its!(2013)」が刊行されるのだった。

赤ちゃんが歩き始めたら恐ろしいものだ。

彼は自分でダミーブックという、仮で自分の写真集を手作りしたもので競い合う大会が世界各国で開催されているのを知り参加し始めたのだ。

そして彼はやってのけた。写真界において知名度が高いフランス・アルルで開催される「アルル国際フォトフェスティバル」のダミーブックアワードで受賞してしまった。

これは赤ちゃんが空を飛ぶくらい衝撃なことで、理解するのに数十分はかかった。

その後、田中ヒロが手作りしたそのダミーブックはイタリアの出版社から刊行され、紛れもなく彼は逆輸入型の写真家になった。

田中ヒロとは、まさに奇才である。

bookobscura 黒﨑由衣

展示構成

アルル国際写真祭りにてComsos Arles PDF Aaward 受賞作Chicharrónの展示
カラープリント:L判、小半切、全紙、他 +大型シート

 

会期中の作家在廊予定

作家田中さんは全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

鈴木郁子写真展「Tottori Fukui Shiga」

展覧会概要

タイトル:「Tottori Fukui Shiga」

作家名:鈴木 郁子

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年2月5日(土)〜2月13日(日) *通常と会期初日・最終日の曜日が異なります

休廊日

2月7日(月)〜10日(木) *休廊日が通常とは異なります(土曜、日曜、祝日のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 鈴木郁子

作品説明

大阪を出発しタイトルの順番に回って戻ってきた撮影の旅。

展示構成

カラーネガ タイプCプリント

 

会期中の作家在廊予定

作家鈴木は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

写真展「服部天神」

展覧会概要

タイトル:「服部天神」

作家名:木村 孝、鈴木 郁子、西川 善康、友長 勇介

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年3月11日(金)〜3月21日(月・祝) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

3月14日(月)〜17日(木) *休廊日が通常とは異なります(金曜、土曜、日曜、祝日のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176

開催概要

2022年3月に、豊中市(大阪府)が主催し、gallery 176、同じ服部天神(大阪府豊中市)のG&S 根雨galerie SPURが協力して、写真展「浪花 北摂 写真散歩」を豊中市立市民ギャラリーで開催します。その関連展示として、gallery 176の地元である「服部天神」を題材とした写真展を開催します。

会期後半の3月18日(金)〜20日(日)は、gallery 176と豊中市立市民ギャラリー(最寄駅 阪急宝塚線豊中駅、服部天神駅から普通電車で三つ目)の展示を合わせてご覧いただけます。

関連展示

豊中市立市民ギャラリー特別企画|現在・過去・未来「浪花 北摂 写真散歩」

会場:豊中市立市民ギャラリー(大阪府豊中市)
会期:2022年3月15日(火)〜3月27日(日)|月曜休廊
参加写真作家:北井一夫、友長勇介、矢野智雄、上田良一、杉浦正和、津田明人、鈴木郁子、布垣昌邦、早川知芳、坂東正沙子、中家和子、高林直澄
主催:豊中市
協力:G&S 根雨|gallery 176|galerie SPUR

≫ 詳細はこちらをご覧ください

北井一夫写真展「1980年に 欧州建物紀行」

会場:G&S 根雨
会期:2022年3月11日(金)〜5月24日(火)

作品説明

「服部天神」は大阪府豊中市の阪急宝塚線沿線の街で、梅田駅から五つ目と約11分で到着しますが、急行が停まらず、線路が高架化されていないため、再開発の手があまり入っていません。そのため、街が適度にごみごみしており、大阪の下町の雰囲気が残っています。

ギャラリーの前には旧能勢街道が通っており、すぐ近くには菅原道真が立ち寄ったと伝えられている、足の神様「服部天神宮」があります。服部天神駅北側の踏切は、リリーフランキーが出演した大和ハウスのCMのロケ地にもなっています。

しかし、この服部天神にも再開発の話があり、駅からギャラリーの間にローターリーができ、数年後には人の流れが変わってしまいそうです。

今回の写真展「服部天神」では、gallery 176の運営メンバー 4名が参加し、それぞれの視点で捉えた、今しか撮影できない「服部天神」を作品に残し、お見せします。なお、会場では服部天神の作品を収めた冊子の販売も予定しています。

展示構成

展示内容調整中

 

会期中の作家在廊予定

作家は交替で全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

カワトウ写真展「スーパーメロンショートケーキ」

展覧会概要

galleryMain × gallery 176 交流展

タイトル:「スーパーメロンショートケーキ」

作家名:カワトウ

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年3月25日(金)〜4月5日(火)

休廊日

3月30日(水)、31日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 布垣昌邦

開催概要

今回、京都五条麩屋町のgalleryMainと大阪豊中服部天神のgallery 176との交流展を開催いたします。

京都と大阪でそれぞれ写真をメインに運営する両ギャラリー初の交流展は、カワトウ(galleryMain)がgallery 176にて写真展「スーパーメロンショートケーキ」を、布垣昌邦(gallery 176)がgalleryMainにて写真展「洛中洛外観察日記 『03_19』」をそれぞれ開催します。

今回の交流展のメインテーマは「アーバンランドスケープ Urban landscape」。

カワトウは都市の片隅の空間を、布垣昌邦は京都を撮り続けており、それぞれの視点による都市論を展開します。

関連展示

布垣昌邦写真展「洛中洛外観察日記 『03_19』」

会場:galleryMain
会期:2022年3月10日(木)〜3月20日(日)|月曜・火曜休廊

作品説明

遥か前方から輝きを増した織田裕二似の老爺が右往左往しながら徐々にこちらに向かってきた。次と次と危険牌を振り込みながら駆け抜けた2021年を振り返ってみたが、スーパーワギャンランド2に勝るものはなく、テンパったままの匿名のアーバンブルーが定着した衣食住を蝕んでいく。新時代のマスターピースが幅をきかせた酸化したボンバルディアの機内では表情を失ったキャビンアテンダントが暗渠に不旋律なスクラッチを刻んでいた。

真っ直ぐに腫れた眼球を突き刺す初冬の西日のせいで、甘党なベテランインタビュアーの月並みな質問にはいい加減嫌気が差していた。そのお陰で難解な取り扱い説明書は日に焼け、置き去りになった最新のスマートフォンは見る見るうちに不在着信の温床となっていった。低血圧の帰国子女の無謀な挑戦を後押しする経口薬は長蛇の列をなし、16勤で溜まりに溜まった疲労は毎年続くファンシーな除夜の鐘にかき消され、長時間歩行で擦り切れた左膝はふつふつと芳しい匂いを呼び起こしていた。やっとの思いで手に入れた抗菌使用のリッケンバッカーの弦は2本ほど切れていたが、何処からか迷い込んで来た異教徒により一瞬にして廃棄されてしまった。無計画な机上の空論の遥か上を幾度となく渾身の火の玉ストレートが駆け抜けていき、遮二無二に取り組んだ勇敢なクーリングオフの甲斐もなく、緊張の糸がゆるやかに解けていく伽藍堂では連日連夜の勤怠管理に精を出す経営管理部長が夜食のオムライスに舌鼓を打っていた。昨日から続く季節外れの大雪のせいでブラックアイスバーンと化した根無草は見飽きたエンターテイメントが透けて見え、靴下とミニスカートで甘やかされて育った無表情の新生児に込み上げてくる忌々しさを押し込むことに躍起になっていた。来秋公開予定のダイハードの新作に主演した俳優は目を背けたくなるような悲惨な事故現場から届けられた真摯なコメントに碧碧とし、リモートワークが板についた共和国大統領は飲み慣れた真紅のメガハイで息の根を止めると否や、群青の水割りが昨晩の嗚咽を呼び起こすことがある種の悦びに変わり始めていた。白骨化した記憶の残滓をかき集め、冴えない日々の光となっていた在りし日のリザーバーの去就に世間の注目が集まるなか、通信障害を引き起こしたシロハラインコは悪辣なイメージカラーを押し付けたまま、食べかけのフォニオパティと共に海沿いの高層マンションを後にした。闇雲に続けてきた日曜大工の腕前は目に見えて錆び付いてしまったが、賞与見送りとなったファイブオクロックシャドーは馴染みの角打ちでヤフーニュースに無我夢中になっていた。こんな日は何故か寝つきが悪く、どこか居心地の悪い中古のソファーベッドを仕切り直し、食べかけのトムヤムクンを火にかけた。破綻仕掛けのベネフィットの生首に鈴をつけ、婦人雑誌の新人の編集担当はマラカス奏者数人により顳顬に打ち込まれたヤングコーンがズキズキと疼いていたがそんなことには脇目を振らず、事の重大さに驚きを隠すことなく滔々と御伽噺を垂れ流す悪辣な自称ウイルス学者の母屋を目指し、乾燥した国道3号線をアップデートを繰り返しながら北上することでしか生き甲斐を感じられない末期状態に陥ってた。洋の東西を問わず幾度となく練習を重ねて会得した渾身の三角締めが炸裂し、それまで思い描いていた煌めく過去や毒々しい未来から瞬く間に解き放たれた。今まで培ってきた軽薄な専門知識が、筋金入りの百貫デブの首をこれでもかと締め上げ、絵空事を吹聴する民衆のルサンチマンの前に為す術もなく立ち尽くすことが精一杯だった。慢性不摂生が自慢の調律師が三日三晩寝かした美味すぎて美味い溶けたギャミラサは五感を奮い立たせ、夜明けのブギーワンダーランドに武者震いした少数派の改憲オタクを浮き彫りにした。無賃乗車の常連客は事あるごとに熱狂し、方々から湧き上がってくる感嘆の声に使い古した薙刀で角質化したサージカルマスクにこびり付いた下馬評を覆す。灰塵に帰した故郷の大衆劇場では感情的なゲネプロが繰り返され、喉頭から滴る紅血には満場一致のスタンディングオベーションが舞い上がり、一心不乱に取り残された博多人形を買い漁っていった。今年こそはと意気込み着手した生体認証発光器の開発には僅かばかりの希望を残し、風前の灯火となってしまっていたが、軽薄で小気味良い掛け合いが穏やかなわだかまりに幕を引く。擦りガラス越しの相槌を戦略的に連発し、空虚な費用対効果に一縷の望みを託した大手ディスカウントチェーンのエリアマネージャーは、冷凍トロピカルキャンディの大量誤発注の対応に手を焼き、慚愧の念に堪え兼ねていた。我が家自慢のお手製の誘蛾灯は異彩を放ち、艶かしい虹色のパフュームであれよあれよと名も無き景観を手繰り寄せたものの、ヒビ割れた紅白の腐葉土で長年育まれたホロコーストは性差別撤廃を声高に叫び続ける月間MVPに優しく寄り添い、身振り手振りでノーアウト満塁での初球の難しさを説いていた。プライオリティーを重んじる主治医の医療ミスにより、瞬く間に壊死していく自慢の犬歯はその鋭さを失い、グリーンリーフの吹き溜りへと危機管理能力に特化した傲慢なツノガエルを誘っていく。

研磨された記録の中で見つけ出した唯一の忙中有閑は金輪際私の目の前にその姿を現すことなく、回覧された海上他界を説きながら数億人が歩んで来た常識の外側でジャスティンビーバーとシュールでオーガニックなスムージーを覆っていく。イップスに陥った利己的な遺伝子は熱々のマリナーラを頬張り、ヘルツの海に溺れたネガティヴなアジテーションはその鮮やかさを緩やかに失っていく。

展示構成

カラープリントA2サイズ35点前後の構成

 

会期中の作家在廊予定

作家カワトウさんの在廊予定は未定です。決まり次第、こちらでお知らせします。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »