gallery 176の感染防止対策に関して

 

 gallery 176では、6月より写真展を再開していますが、今後の感染の推移によっては、展示を延期または中止、無観客での開催、webのみ公開に変更する場合があります。その際は、webやSNSでお知らせします。

 写真展を開催するにあたっては、お客様をはじめ、展示作家、ギャラリー運営関係者の健康に配慮し、以下の感染防止対策を行います。

ご来廊に関して

  • ご来廊の際は、マスクの着用をお願いします。
  • ギャラリー2階入口にて、手指消毒用の消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。
  • 発熱や咳、咽頭痛、だるさや息苦しさなどの症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
  • ギャラリーに一度にご来廊いただける人数を、5名程度とさせていただきます。混雑が発生した場合は、1階入口(階段下)にてお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
  • スクーリングなど大人数でのご来場は、当面の間ご遠慮ください。
  • 人と人との間隔を充分に開けて作品をご鑑賞ください。

ご連絡先記入に関して

  • 万が一ギャラリー関係者等から新型コロナウイルス発症があった場合、連絡を差し上げられるよう、芳名帳へご連絡先の記入をお願いします(ご記入いただく連絡先、氏名などの個人情報については各展示来場者としての記録、DM等の広報物の発送以外に使用することはありません)。
  • ギャラリー2階入口に「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを掲示しています。こちらへのメールアドレス登録にもご協力お願いします。
  • スマートフォンをご利用の方は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の利用もご検討ください。

ギャラリーの環境、運営に関して

  • ギャラリーでは、上部の窓を開けて換気をし、1階入口(階段下)のビニールカーテンは取り外しています。筆記用具、手すり等は、定期的に除菌しています。また、来廊者のトイレのご利用は中止させていただいています。ご了承ください。
  • ギャラリー在廊担当(展示作家、またはギャラリースタッフ)は、毎日の検温などの健康管理、手洗いや消毒、マスクの着用を行っています。
  • オープニングパーティーは、当面の間、開催を見合わせます。
  • トークイベントは、参加人数を減らし、感染防止対策を行った上で開催する予定です。

  皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。ご来廊を心よりお待ちしております。

 

 2020年8月8日

gallery 176

田凱写真展「Temperate Landscape」

© Den Gai

展覧会概要

TOTEM POLE PHOTO GALLERY × gallery 176交流展

タイトル:「Temperate Landscape」

作家名:田 凱

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年3月12日(金)〜3月23日(火)

休廊日

3月17日(水)、18日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 波多野祐貴

展示概要

 TOTEM POLE PHOTO GALLERY × gallery 176交流展企画第四弾として、TOTEM POLE PHOTO GALLERY運営メンバー田凱さんをお招きして写真展を開催します。今年2021年4月にはgallery 176運営メンバー波多野祐貴がTOTEM POLE PHOTO GALLERYで展⽰を予定しています。

 田 凱(デン ガイ)さんの写真に初めて出会ったのは2019年。「1_WALL」でグランプリを受賞した翌年に、銀座のガーディアン・ガーデンで個展「生きてそこにいて」を開催された時でした。かつては油田で栄えた中国の故郷の風景とポートレイトから構成されたシリーズです。だだっ広くどこか殺伐とした風景は、“ここでは何も起こり得ないだろう”というある種のディストピア的予感を抱かせる一方で、それらの舞台を背景に佇む人々の生活の営みが温かく流れるのを感じさせます。知らない場所にも関わらず、私はどうしても自分が生まれ育った地方のニュータウンを想起せずにはいられませんでした。一見すると淡々として無機質でありながら、人の記憶や心理の深い領域にゆっくりと働きかけるイメージが田さんの写真の魅力の1つであると感じています。今回の展示作品である「Temperate Landscape」ではどのような展開が待っているのかとても楽しみです。初となる関西での展示を是非ご高覧ください。

gallery 176 波多野祐貴

作品説明

 都市開発の中に、騒がしい静けさがある。秩序と混乱、発展と維持といった二項対立の構図と相互関係であろうとするところだが、均衡に混ざり合う。私は市外地へ、矛盾・対立の運動を対象化し、都市発展の内在と外在のボーダーが曖昧になっていくことを探る。

展示構成

インクジェットカラープリント20枚(予定)

 

会期中の作家在廊予定

作家田さんの在廊予定は未定です。決まり次第、こちらのページ、facebook、twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

木村孝写真展「アマタナコーンとその人々」

©︎ KOU Kimura

展覧会概要

タイトル:「アマタナコーンとその人々」

作家名:木村 孝

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年3月26日(金)〜4月4日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

3月31日(水)、4月1日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 木村孝

作品説明

 ここはタイ王国の、1989年に開設された工業団地とそれに隣接するニュータウン。

 かつて野原だったこの場所は、いまでは700社以上の企業の工場やオフィスが立ち並んでいます。人々はこの街を「アマタナコーン」と呼ぶが、行政区分上はその街は存在しません。極めて現代的かつ特異に成立しているこの街に興味を持ち、その特質を探し求めて撮影を続けています。

 彼らとこの場所の「らしさ」、そして現代タイの一端を、新たなカットとこれまでの“Discipline – and Nature”、「ライフ・コレクション・イン・ニュータウン」などから再構成して展示いたします。

展示構成

ピグメントプリント

 

会期中の作家在廊予定

作家木村は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

鈴木郁子写真展「あとさき」

©︎ suzukiikuko

展覧会概要

タイトル:「あとさき」

作家名:鈴木 郁子

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年4月9日(金)〜4月18日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

4月12日(月)〜15日(木) *休廊日が通常とは異なります(金曜、土曜、日曜のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 鈴木郁子

作品説明

2020年を挟んで滋賀各地を撮影したものを展示

展示構成

8×10 カラープリント 20枚

関連展示

鈴木郁子写真展「あとさき」

会場:Gallery街道|東京都中野区中野5-14-5 ハウスポートB1
会期:日程調整中
開廊時間:13:00〜19:00

 

会期中の作家在廊予定

作家鈴木の在廊予定は、4月10日(土)、11日(日)、17日(土)、18日(日)です。在廊予定に変更がある場合は、facebook、twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »