金恩周写真展「再び、春」

© Kim Eun Ju

展覧会概要

YARTGALLERY × gallery 176 交流展

タイトル:「再び、春 / Again, SPRING / 다시,봄」

作家名:金 恩周(キム・ウンジュ / Kim Eun Ju / 김은주)

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2024年2月23日(金・祝)〜3月5日(火)

休廊日

2月28日(水)、29日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 西川善康/友長勇介

協力

姜美善

展示概要

TOTEM POLE PHOTO GALLERYの元メンバー 甲斐啓二郎さん、現メンバー 姜美善(カン・ミソン)さんに紹介・仲介いただき、2023年より、YARTGALLERY(韓国・ソウル)と gallery 176 の交流展を始めました。第一弾として、2023年2月、gallery 176にて、姜在求(カン・ジェグ)写真展「入隊前夜 -soldier」を開催しました。今回は、第二弾として、金恩周写真展「再び、春」を開催します。

gallery 176 西川善康

作品説明

 4月、済州は春の花の香りが満ちた花の島になる。70年前の済州の風景も今とそれほど変わらなかっただろう。済州4・3、その年も変わらず春は戻ってきていたが、季節が与える温もりは冬の間凍りついた大地を溶かすだけで、その大地の上に立つ人々には届かなかった。

 理念の炎にのみこまれた村は数え切れないほど多かった。なんの力も持たない民間人は苦しみながら倒れていた。済州全域にかけて起きた惨状は70年という時間が経た今も多くの人々の傷跡になって絶え間ない苦痛を想起させる。現在まで生存し事件のことを記憶し続け、それについて証言をしている方々の数ももう少なくなってしまった。精神的トラウマと外傷の苦痛は影のように付き纏い、依然として毎日を忍び苦しい日々を過ごしている。家族と夫、子供を失った遺族の方々の胸には4月になると変わらず椿の赤色のような深い偲びが咲き乱れる。

 生存被害者の方々と遺族にとって事件現場は全て避けたい場所である。積み重なった歳月により古い痕跡を見つけることは容易なことではなく、記憶をたどって探して行った場所の中でも、昔の様子が残ってる場所はほとんどなかった。歴史的事件が起きた場所にまた訪れて行われる撮影は、昔日に経験した時間に向き合いながら辛い記憶を呼び出すことになる。夫を送った妻の皺立った目元に、お父さんを恋慕う息子の後ろ姿に切々たる思いが見えた。生まれたばかりに母を失った赤ん坊を抱きながら、その後を次ぐような旅立ちを見届けた兄の涙は今も涸れることなく流れた。

 撮影期間中、過去の記憶と対面する過程が多くの方に安らかに傷を慰める時間になることを願った。その方々は何一つ忘れたことはないのだから。年々ほころぶ赤い傷を、今を生きるたくさんの人々が忘れないことを祈りながらその場に一緒にいた。個人の苦痛と傷が、歴史と立ち向かう現実が、写真を通してよりリアルに記録できたことを望んでる。

 真冬の中でまた、春を待ちながら……

済州島四・三事件

済州島四・三事件(チェジュドよんさんじけん)は、1948年4月3日に在朝鮮アメリカ陸軍司令部軍政庁支配下にある南朝鮮李承晩政権下の済州島で起こった島民の蜂起に伴い、南朝鮮国防警備隊、韓国軍、韓国警察など朝鮮半島の李承晩支持派が1954年9月21日までの期間に引き起こした一連の島民虐殺事件を指す。(Wikipediaより

展示構成

調整中

 

会期中の作家在廊予定

作家金恩周さんは、2月23日(金)〜25日(日)に在廊予定です。変更がありましたら、こちらのページ、facebook、X(twitter)、Instagram等でお知らせします

» 続きはこちら

友長勇介・西川善康写真展「input x output 2」

展覧会概要

タイトル:「input x output 2」

作家名:友長 勇介、西川 善康

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2024年3月9日(土)〜3月31日(日) *通常と会期初日・最終日の曜日が異なります

休廊日

月曜〜金曜 *休廊日が通常とは異なります(土曜、日曜のみの開催

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介/西川善康

展示概要

 2022年8月、9月にgallery 176で開催した友長勇介・西川善康写真展「input x output」は、2023年5月〜6月、台湾・台北での台北交流展「写真家5人|それぞれの視点、それぞれの世界」でも展示しており、大阪、台北、双方で好評を博しました。今回は、その続編となる、写真展「input x output 2」を開催します。

 

 友長は、通常、モノクロフィルムで撮影し、暗室でプリント作業を行って作品を仕上げています。これに対し、西川は、デジタルカメラで撮影し、パソコンでRAW現像を行い、インクジェットプリンターでカラー作品を制作しています。

 今回、この二人が撮影方法(input=入力)を入れ替え(eXchange=交換)、お互いが撮影したフィルム、データから、自分の解釈で作品を選び、自分なりの制作方法で作品を仕上げる(output=出力)試みを行います。友長がデジタルカメラで撮影したデータを西川が受け取り、インクジェットプリンターで作品を仕上げ、西川がフィルムカメラで撮影したモノクロフィルムを友長が受け取り、モノクロプリントとして作品を仕上げます。

 果たして、出来上がった作品は、撮影者の意図したものに仕上がるのでしょうか。それとも、全く異なる作品として仕上がるのでしょうか。

展示構成

archival pigment print(インクジェットプリント)、ゼラチンシルバープリント、サイズ・点数ともに未定

 

会期中の作家在廊予定

作家友長・西川は交替で全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、X(旧Twitter)でお知らせします。

» 続きはこちら

松原豊写真展「村の記憶/まえとあと+」

2024松原豊写真展「村の記憶/まえとあと+」

© Matsubara Yutaka

展覧会概要

タイトル:「村の記憶/まえとあと+」

作家名:松原 豊

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2024年4月5日(金)~4月14日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

4月10日(水)、11日(木)

開廊時間

13:00~19:00

*4月6日(土)と13日(土)は関連イベント開催のため、17:00閉廊となります。御了承ください

企画

gallery 176 松原豊

展覧会概要

三重県津市在住の運営メンバー松原豊が写真展「村の記憶/まえとあと+」を開催致します。

今回の展示では写真集「村の記憶」に掲載されている写真の展示と共に写真専門学校(現専門学校名古屋ビジュアルアーツ写真学科)在学時代に松原が「村」を撮影するきっかけになった作品「ふるさとなまりの言葉を添えて」の写真や近年撮影した写真などを展示します。「村の記憶」というシリーズが作品になるために必要だった通過点や現在定住者として三重県の里山に住みながら制作している写真を「村の記憶/まえとあと+」として展示します。今回の展示は2023年度松原が自身で運営するgallery0369で開催した「村の記憶/まえとあと」展に作品を加えての展示となります。このシリーズはgallery 176ではじめての展示となります。

展示構成

ゼラチンシルバープリント作品による展示

 

会期中の作家在廊予定

作家松原は全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、X(旧Twitter)でお知らせします。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »