原隆志写真展「獏は夢で泳ぐ -The Baku Swims in Dreams-」

展覧会概要

タイトル:「獏は夢で泳ぐ -The Baku Swims in Dreams-」

作家名:原 隆志

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2024年6月14日(金)~6月25日(火)

休廊日

6月19日(水)、20日(木)

開廊時間

13:00~19:00

*6月15日(土)のみトークイベントにより17:30閉廊となります。

企画

gallery 176  齋藤広幸

展示概要

 島根県在住の写真家、原隆志さんの写真展「獏は夢で泳ぐ」を開催いたします。同名の展示は、ギャラリー蒼穹舎を皮切りに各地で巡回され、関西では初めての開催となります。6月15日にはトークイベントとオープニングパーティーを予定していますので、是非この機会に足をお運びください。

gallery 176  齋藤広幸

作品説明

 原隆志の写真は、いつどこでどんな場面なのか?という特定されるものが消されている印象を持つ。(中略) 彼が気持ちを揺さぶられる時は、おそらく常人なら何も気に留めない、日常の同じ質量で連続して流れる平易な時間の中で起こっている。特に記憶にとどめたい事が起こっているわけではない。そうであるのに、彼が独自の嗅覚で思わずシャッターを押して写真となって現れたものを目にすると、素通りはできない。(中略) 現実には今という生々しい風景であったのだろうが、そこから外被が剥がされたようになって、まるで時と場所が漂流し、観ている者の記憶の奥底との照らし合いが始まるかのようだ。

(高橋香苗/同名写真集寄稿文より抜粋)

展示構成

ゼラチンシルバープリント 約25点

 

会期中の作家在廊予定

作家原さんは、6月14日(金)~16日(日)、6月21日(金)~25日(火)に在廊予定です。変更がありましたら、こちらのページ、facebook、X(twitter)、Instagram等でお知らせします。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »