gallery 176の感染防止対策に関して

 

 gallery 176では、6月より写真展を再開していますが、今後の感染の推移によっては、展示を延期または中止、無観客での開催、webのみ公開に変更する場合があります。その際は、webやSNSでお知らせします。

 写真展を開催するにあたっては、お客様をはじめ、展示作家、ギャラリー運営関係者の健康に配慮し、以下の感染防止対策を行います。

ご来廊に関して

  • ご来廊の際は、マスクの着用をお願いします。
  • ギャラリー2階入口にて、手指消毒用の消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。
  • 発熱や咳、咽頭痛、だるさや息苦しさなどの症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
  • ギャラリーに一度にご来廊いただける人数を、5名程度とさせていただきます。混雑が発生した場合は、1階入口(階段下)にてお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
  • スクーリングなど大人数でのご来場は、当面の間ご遠慮ください。
  • 人と人との間隔を充分に開けて作品をご鑑賞ください。

ご連絡先記入に関して

  • 万が一ギャラリー関係者等から新型コロナウイルス発症があった場合、連絡を差し上げられるよう、芳名帳へご連絡先の記入をお願いします(ご記入いただく連絡先、氏名などの個人情報については各展示来場者としての記録、DM等の広報物の発送以外に使用することはありません)。
  • ギャラリー2階入口に「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを掲示しています。こちらへのメールアドレス登録にもご協力お願いします。
  • スマートフォンをご利用の方は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の利用もご検討ください。

ギャラリーの環境、運営に関して

  • ギャラリーでは、上部の窓を開けて換気をし、1階入口(階段下)のビニールカーテンは取り外しています。筆記用具、手すり等は、定期的に除菌しています。また、来廊者のトイレのご利用は中止させていただいています。ご了承ください。
  • ギャラリー在廊担当(展示作家、またはギャラリースタッフ)は、毎日の検温などの健康管理、手洗いや消毒、マスクの着用を行っています。
  • オープニングパーティーは、当面の間、開催を見合わせます。
  • トークイベントは、参加人数を減らし、感染防止対策を行った上で開催する予定です。

  皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。ご来廊を心よりお待ちしております。

 

 2020年8月8日

gallery 176

濱崎崇写真展「幼年時代」

©︎ Takashi HAMASAKI

展覧会概要

タイトル:「幼年時代」

作家名:濱崎 崇

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年1月15日(金)〜1月26日(火)

休廊日

1月20日(水)、21日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

開催概要

 今回で2度目となります濱崎崇写真展「幼年時代」を開催いたします。

 5年前にgallery 176を自主ギャラリーとして再開する際に、濱崎さんをメンバーにお誘いしました。濱崎さんの写真に対する直向きな想いを感じていたので、このような人と一緒に活動できればと思い、メンバーにお誘いしましたが、濱崎さんも相当悩まれ、考えていただいたのですが、残念ながら諸事情によりメンバーにはなっていただけませんでした。そのような事もあり、いつか濱崎さんの写真展を開催したいと思っていましたが、2018年に六甲山系に点在する廃れた家屋を撮影した「あと乃あと」を開催することができました。

 定期的に濱崎さんの写真展を開催できればと考えていましたが、こちらから催促することもできずにいたところ、作品が完成したとご連絡をいただき、濱崎崇写真展「幼年時代」を開催することができました。前回の作品と異なり、家族や親族、街で出会った人々を被写体としていますが、濱崎さんのものの見方は一貫しているようで、前回の作品と通ずるものがあると感じました。

 会場に写真集「あと乃あと」を用意しておりますので、「幼年時代」と見比べながら濱崎さんの作品を感じていただければと思います。

gallery 176 友長勇介

作品説明

 樹々の手触り、小鳥の唄聲、馨る匂い、頬をなでる潮風、闇への恐れ、白昼夢。幼いころに持っていたこれらの研ぎ澄まされた感覚は次第に失っていくけれど、広い世界に放たれたあとも、その幼年時代の気層にひとは一生包み込まれて生きてゆき、邯鄲の夢のようにすべてが儚く過ぎ去ってゆく。

 12年以上に渡って撮り続けている、こどもたちや旅先で出会ったひとびとのポー トレート、生き物たち・風景が織りなす、モノクロームのちいさな詩篇です。

濱崎崇

展示構成

ゼラチンシルバープリント(額装)8×10~16×20 約20枚予定

 

会期中の作家在廊予定

作家濱崎さんの在廊予定は、1月17日(日)、22日(金)、24日(日)、26日(火)です。在廊予定が変更になる場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

松原豊写真展「白冬」

© Matsubara Yutaka / EURASIA 2004 winter

展覧会概要

タイトル:「白冬」

作家名:松原 豊

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年2月12日(金)〜2月21日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります(2月12日〜14日、19日〜21日開催)

休廊日

2月15日(月)〜18日(木) *通常と休廊日が異なります(金曜、土曜、日曜のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

作品説明

2019年6月にgallery 176でEURASIA2004winter展を開催したときに「白い冬だけの写真を展示してみたい」と感じたことから、今回「白冬」というタイトルで再構成して展示致します。冬に冬をしっかりと感じたい。是非暖かな服装に身を包んだ上足をお運びください。(EURASIA2004winterシリーズ以外にも冬写真を展示予定)

2019年6月開催の写真展のwebページ https://176.photos/exhibitions/190524/

展示構成

白黒ゼラチンシルバープリント20点予定

 

会期中の作家在廊予定

作家松原は全日在廊予定です。在廊予定が変更になる場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

田凱写真展「Temperate Landscape」

© Den Gai

展覧会概要

TOTEM POLE PHOTO GALLERY × gallery 176交流展

タイトル:「Temperate Landscape」

作家名:田 凱

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年3月12日(金)〜3月23日(火)

休廊日

3月17日(水)、18日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 波多野祐貴

展示概要

 TOTEM POLE PHOTO GALLERY × gallery 176交流展企画第四弾として、TOTEM POLE PHOTO GALLERY運営メンバー田凱さんをお招きして写真展を開催します。今年2021年4月にはgallery 176運営メンバー波多野祐貴がTOTEM POLE PHOTO GALLERYで展⽰を予定しています。

 田 凱(デン ガイ)さんの写真に初めて出会ったのは2019年。「1_WALL」でグランプリを受賞した翌年に、銀座のガーディアン・ガーデンで個展「生きてそこにいて」を開催された時でした。かつては油田で栄えた中国の故郷の風景とポートレイトから構成されたシリーズです。だだっ広くどこか殺伐とした風景は、“ここでは何も起こり得ないだろう”というある種のディストピア的予感を抱かせる一方で、それらの舞台を背景に佇む人々の生活の営みが温かく流れるのを感じさせます。知らない場所にも関わらず、私はどうしても自分が生まれ育った地方のニュータウンを想起せずにはいられませんでした。一見すると淡々として無機質でありながら、人の記憶や心理の深い領域にゆっくりと働きかけるイメージが田さんの写真の魅力の1つであると感じています。今回の展示作品である「Temperate Landscape」ではどのような展開が待っているのかとても楽しみです。初となる関西での展示を是非ご高覧ください。

gallery 176 波多野祐貴

作品説明

 都市開発の中に、騒がしい静けさがある。秩序と混乱、発展と維持といった二項対立の構図と相互関係であろうとするところだが、均衡に混ざり合う。私は市外地へ、矛盾・対立の運動を対象化し、都市発展の内在と外在のボーダーが曖昧になっていくことを探る。

展示構成

インクジェットカラープリント20枚(予定)

 

会期中の作家在廊予定

作家田さんの在廊予定は未定です。決まり次第、こちらのページ、facebook、twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »