川口和之・北川幸三写真展「劇団日本維新派(気色ばむ風景)」

(c) KAWAGUCHI Kazuyuki / KITAGAWA Kozo

展覧会概要

タイトル:「劇団日本維新派(気色ばむ風景)」

作家名:川口 和之、北川 幸三

会期

2018年525()65()

休廊日

530()31()

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

作品説明

松本雄吉さん。自身の芝居を求めて半世紀。69歳で旅立たれた。
大学在学時キャンパス内の木の上に小屋を作ったと聞いた。
1970年、同士と日本維新派を立ち上げた。
展示は日本維新派、結成から8年を過ぎた頃より10年余りを記録した写真展示です。写真90点程、その他撮り貯めたコンタクトプリントを展示します。

劇団日本維新派。維新派は派と教えられた。幾つも個が集まり派を作る。作り出す芝居は言葉に表現できず、見る人の心に止まり続けた。二度繰り返す芝居はやらないと劇団員より聞いた。

腰に番線を吊るし丸太を繋ぎ、組んで舞台を作る。昼間見る彼らは鳶職だった。天王寺野外音楽堂、野外に作られた劇場に合唱曲、埴生の宿、Home, Sweet, Homeが流れて、訪れる観客はそれを聴き維新派の場に立ち入った事を知った。
音は天王寺公園の木立に。夕暮れの風は、それを街中へも運んでいた。

いま維新派、解散の知らせを聞く。公演に足を運ばなくなって久しいけれど、心の中にはいつも、あのメロディーと維新派の芝居はあった。雄吉さんとも再会できる日が来ると思っていた。感謝の気持ちを込めて写真の展示を行いたい。

展示内容

川口和之:モノクロピグメントプリント(B全額4枚、全紙額5枚、半切額2枚、四切額5枚、六切額4枚)合計20点
北川幸三:半切額30枚、写真60点。その他コンタクトプリントを展示

 

会期中の作家在廊予定

作家川口は、5月26日(土)、27日(日)、6月2日(土)、3日(日)に在廊予定です。作家北川は、6月2日(土)、3日(日)は不在で、それ以外の日の15時以降に在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、facebook、twitterでお知らせします。

5月26日(土) の開廊時間について

5月26日(土)はイベント開催のため、16:30以降はイベント準備〜上映会開催でゆっくり作品を鑑賞することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、16:30までにお越しください。
*5月26日(土)のイベント(上映会)は参加費無料、予約不要ですので、お気軽にご参加ください。

5月27日(日) の開廊時間について

5月27日(日)はイベント開催のため、15:30〜18:00はイベント準備〜トーク開催でゆっくり作品を鑑賞することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、16:30まで、または18:00以降にお越しください。
*5月27日(日)のイベント(トーク)は参加費無料、予約不要ですので、お気軽にご参加ください。

6月3日(日) の開廊時間について

6月3日(日)は有料イベント開催のため、16:30以降はイベント参加者以外の方は入廊することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、16:30までにお越しください。
*当日は、16:30に一旦ギャラリーをクローズし、16:50から有料イベントの受付・入場を開始します。18:30からの宴(うたげ)は参加費無料・予約不要でご参加いただけます

» 続きはこちら

濱崎崇写真展「あと乃あと」

(c) Takashi Hamasaki

展覧会概要

タイトル:「あと乃あと」

作家名:濱崎 崇

会期

2018年68()619()

休廊日

613()14()

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

 

作品説明

六甲山系に点在する廃れた家屋を、8年以上に渡って撮りつづけた作品集「あと乃あと」(冬青社)の初めてのまとまった展示となります。写真集には掲載されていない初出の作品も数点展示予定です。

古い日本製二眼レフを携えて、靴底を減らしながら巡礼のように黙々と、出迎えてくれるあてもない家々を訪れて撮りためた、廃屋たちのポートレイト。それらが、フイルムに定着され暗室で正像が滲み浮かび上がった、ナマの光画集です。

 

神戸の震災からちょうど20年。さらに2011年の未曾有の震災を経て、日本という国に住む私たちは、これまで何をしてきたのか、何が失われたのか、そしてどう生きていこうとしているのかを突き付けられた。ものごとのあと(後)には、あと(跡)を残しながらまたそのあと(後)が続いていく。有史以前から続くこの運動が途切れないように、いびつなあと(跡)にならないように、私は、これらの家々から発せられる「響き」に静かに耳をかたむけた。

―写真集『あと乃あと』著者あとがきより

展示内容

16×20インチのバライタ印画紙へのモノクロプリント(額装)20

 

会期中の作家在廊予定

作家濱崎の在廊予定は未定です。決まり次第、こちらでお知らせします。

6月16日(土) の開廊時間について

6月16日(土)は有料イベント開催のため、16:30以降はイベント参加者以外の方は入廊することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、16:30までにお越しください。
*当日は、16:30に一旦ギャラリーをクローズし、16:50から有料イベントの受付・入場を開始します。

» 続きはこちら

広瀬耕平写真展「欲視録」

(c) Hirose Kouhei

展覧会概要

TOTEM POLE PHOTO GALLERY×gallery 176交流展

タイトル:「欲視録」

作家名:広瀬 耕平

会期

2018年720()731()

休廊日

725()26()

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

展覧会概要

TOTEM POLE PHOTO GALLERY×gallery 176交流展企画第一弾として、TOTEM POLE PHOTO GALLERY運営メンバー広瀬耕平さんをお招きして写真展を開催します。

10月にはgallery 176運営メンバー友長勇介がTOTEM POLE PHOTO GALLERYで展示を予定しています。

作品ステートメント

2000年に近い頃か、東京へと流れ着いた。いつ上京したかも記憶が薄れてしまっているくらい、あの頃のことを忘れたかったのかもしれない。それから私はいくつかの仕事をしながら、時間を見つけ東京を撮り続けていた。あの頃の私は新しい自分をいちから作りたかったのだろうが、気がつけば世の中も、自分自身さえも突き放していた。なぜ人は生き、存在するのか、今となっては考える必要のないことすら考えていた時期もある。ただ、カメラを通して世の中を客観視できるようになって、様々なことを受け入れることができた。

振り返ってみると、わずかばかりの人生を歩んできただけなのに、多少の知識や煩悩によって物事を表面的に判断したり、都合良くとらえていることに気づかされる。目の前のことを視ているつもりが、視られていると気づいた時、一切皆空の世のすべてを受け入れ、知らずに目を背けていた本来あるべき姿、実体なき実体が眼前に広がるだろう。

 

会期中の作家在廊予定

作家広瀬の在廊予定は未定です。決まり次第、こちらでお知らせします。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »