1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展

1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展

≫ 繁體中文|English

 

 gallery 176では、積極的に他のギャラリーやスペースとの交流展の開催を試みています。昨年は東京のTOTEM POLE PHOTO GALLERYと交流展を開催し、今年は、台湾の写真専門ギャラリー「1839當代藝廊」との交流展を開催する運びとなりました。

 8月から9月にかけて、大阪のgallery 176で台湾の二人の作家の写真展を開催し、台北の1839當代藝廊では、gallery 176の6名の作家の写真展を開催します。

 

1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展 in Osaka

 

© Chao Bin-Wen

© Hee Siow-Wey

出展作家

趙炳文 Chao Bin-Wen 2019年8月16日(金)〜8月27日(火)

許曉薇 Hee Siow-Wey 2019年8月30日(金)〜9月10日(火) 

会場

gallery 176(ギャラリーイナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線服部天神駅(梅田から11分)下車徒歩1分

会期

2019年8月16日(金)〜9月10日(火)

休廊日

8月28日(水)、29日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176、1839當代藝廊

キュレーション

邱奕堅(1839當代藝廊)

≫ 1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展 in Osaka #1 趙炳文写真展

≫ 1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展 in Osaka #2 許曉薇写真展

 

1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展 in Taipei

 

© TOMONAGA Yusuke

© Matsubara Yutaka

© NUNOGAKI Masakuni

© NISHIKAWA Yoshiyasu

© HAYAKAWA Tomoyoshi

© Masako Bando

出展作家:gallery 176 運営メンバー

友長勇介、松原豊、布垣昌邦、西川善康、早川知芳、坂東正沙子

会場

1839當代藝廊/1839 Contemporary Gallery

10696 台北市大安區延吉街120號地下樓(請由126巷進入)

B1, No. 120, Yanji Street, Da-an District, Taipei 10696, Taiwan, ROC

会期

2019年8月10日(土)〜9月15日(日)

休廊日

月曜(8月12日、19日、26日、9月2日、9日)

開廊時間

11:00〜19:00

企画

1839當代藝廊、gallery 176

≫ 1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展 in Taipei

 

» 続きはこちら

趙炳文写真展「文明新景觀|農村新景觀・農舍」

1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展 in Osaka #1

≫ 繁體中文|English

タイトル:「文明新景觀 New civilization landscape」「農村新景觀・農舍 FARMHOUSE」

作家名:趙炳文 Chao Bin-Wen

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2019年8月16日(金)〜8月27日(火)

休廊日

会期中無休

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176、1839當代藝廊

キュレーション

邱奕堅(1839當代藝廊)

作品説明

 趙炳文は、2018年に東京藝術大学大学美術館陳列館で開催された「台湾写真表現の今〈Inside/Outside〉」(共同キュレーター:邱奕堅)に出展した、台湾の新鋭写真家8人のうちの一人です。

「文明新景觀 New civilization landscape」

 現代の産業文明の発達によって、短期間で大量生産された複合遊具(すべり台など複数の遊具を組み合わせたもの)は、今日、どこでも見られるようになりました。それは、私たちの日常生活空間、公園に出現し、新しい都市風景を創出し、同時に人々の生活の中に深く溶け込んでいます。

 カラフルな複合遊具は、コミュニティの建物や公園、子供たちの楽しい遊び場に囲まれています。時代の変化とともに、過去と現代では、遊び場の形式や建設方法、素材が異なります。複合遊具は多種多様に見えますが、多くは同じ種類の色違いであったり、同じ色で違う種類であったりと、大量生産された工業製品であるということを隠すことは出来ません。
したがって、様々な時代の複合遊具は、我々の異なる子供時代の記憶を思い出させる一つの新文明景観ではないでしょうか。

 素早く組み立て、分解でき、取り扱いが簡単であるこれら複合遊具は、まさに現代産業の急速な発展を象徴しています。これら産業の発展は、人々の文明を変化させ、私たちの生活様式も変化させ、ファーストフード文化、ボーダーレス化、経済統合など、今日の世界を後戻りの出来ないグローバリゼーション時代に導いています。

「農村新景觀・農舍 FARMHOUSE」

 2001年から、台湾では農業用地の農舎建設法の施行に伴い、農民は自分用の農舎を建設することができるようになり、農村地域の各所に急速に農舎が建てられました。これらの農舎は、この僅かの十年の間の、台湾の農村社会の変容と経済構造の変革の特徴を示しています。

 趙炳文は、8x10の大型カメラを使い、タイポロジーの技法を工夫し、様々な個性的な農舎を同じ視覚効果、完全に統一されたセッティングで撮影しています。そして、農地の中に建てられている美しいバロック様式、モダン様式、現代的様式など、様々な異なるスタイルの農舎の、豪華で誇張された特別な「異相」を写し取り、新しい台湾の農村新景観としてまとめています。

展示構成

タイプCプリント 17点(予定)

 

会期中の作家在廊予定

作家趙さんは、8月16日(金)〜18日(日)に来日予定で、8月17日(土)にトークイベントを開催します。在廊予定に変更がある場合は、facebook、twitterでお知らせします。

817()の開廊時間について

817日(土)は有料イベント開催のため、14:3016:30はイベント参加者以外の方は入廊することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、14:30まで、または16:30以降にお越しください。

*当日は、14:30に一旦ギャラリーをクローズし、14:50から有料イベントの受付・入場を開始します。

 

» 続きはこちら

許曉薇写真展「花之器 The Vessel that Blossoms」

1839當代藝廊(台湾)× gallery 176(日本)交流展 in Osaka #2

≫ 繁體中文|English

タイトル:「花之器 The Vessel that Blossoms」

作家名:許曉薇 Hee Siow-Wey

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2019年8月30日(金)〜9月10日(火)

休廊日

会期中無休

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176、1839當代藝廊

キュレーション

邱奕堅(1839當代藝廊)

作品説明

 「花之器 The Vessel that Blossoms」は、台湾の女性写真家 許曉薇 によって、2015年から制作されている作品です。また、彼女は、2018年に東京藝術大学大学美術館陳列館で開催された「台湾写真表現の今〈Inside/Outside〉」(共同キュレーター:邱奕堅)に出展した、台湾の新鋭写真家8人のうちの一人です。

 許曉薇が作品制作に至るまでには、特別な背景があります。彼女は、2011年に台湾大学で分子医学博士の学位を取得したが、同年、病気になり、これまで規則正しく生きてきた人生の意味を再考し始めました。そして、サブカルチャーに関わる撮影を始めました。

 「花之器」では、彼女が自らの身体を花器として使っています。そして、自分と花の自然の姿の組み合わせ、動きを表現し、人と自然との融合を伝えています。その制作過程において、彼女は、作品に自分自身の内なる感情を込めており、花は単なる自然の存在ではなくなっています。花と花器(彼女)が創り上げるフラワーアレンジメントには、特別な意味、より深いお互いの相関関係を感じ取ることができます。

展示構成

インクジェットプリント 16点(予定)

 

会期中の作家在廊予定

作家許さんは、8月30日(金)〜9月1日(日)に来日予定で、8月31日(土)にトークイベントを開催します。在廊予定に変更がある場合は、facebook、twitterでお知らせします。

» 続きはこちら

市川信也写真展「De Los Caminos En La Habana −ハバナの街角より−」

©︎ Shinya ICHIKAWA

展覧会概要

タイトル:「De Los Caminos En La Habana −ハバナの街角より−」

作家名:市川 信也

会期

2019年9月13日(金)〜9月24日(火)

休廊日

9月18日(水)、19日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 早川知芳

作品説明

 2016年4月下旬の数日間をキューバの首都であるハバナで過ごす機会を得た。その時の本来の目的地は南米のエクアドルであったが、カリブ海の向こうにある島国を是非一度訪れようと考えたのだ。その年の前月にアメリカのオバマ大統領がハバナを訪問し、ラウル・カストロ国家評議会議長と会談、両国の間で歴史的な和解が行われた。

 キューバは16世紀初頭にスペインにより植民地化され、砂糖や葉巻などのプランテンショーンが発達した。しかし19世紀末にはスペインは没落し、変わって影響力を持ち始めたのが百数十キロ北に位置するアメリカ合衆国であった。20世紀初頭には共和国として独立したが実質はアメリカの保護国であった。アメリカの資本が大量に流入し国民生活を支配し、それに抗する反乱や政変が相次ぎ不安定な状況が続いていた。しかし1940年代後半より国際連合や米州機構に参加し、国際的な地位も安定してきた。一方国内は、砂糖の国際価格の不安定が続いたが政府が有効な対策を取ることができないため、社会不安をきたしていた。1952年にクーデタにより政権を奪取したバチスタは、憲法を停止し独裁政治を行った。腐敗と弾圧が続いた独裁政権とアメリカは政治的、経済的に深く繋がりその支配力を強めていった。1950年代にはその独裁体制に反対する運動が起こり、幾多の闘争を経て山岳ゲリラ戦を戦ったフィデル・カストロやチェ・ゲバラなどが1959年1月バチスタ政権を倒し革命政権を樹立した。彼らは土地と産業を国有化し、アメリカの影響を徹底的に排除しソビエト連邦に接近した。1961年アメリカはキューバと国交を断絶し緊張を伴う対立が続いた。1991年のソビエト連邦崩壊後、深刻な打撃を受けたため、観光を振興させ一部に民営化を受け入れ再興を図ったが、共産党による一党独裁体制は維持された。2000年代に入りアメリカ人の渡航が解禁されるなど両国関係は改善に向かい、2015年には54年振りに国交が回復、2016年3月、ついにオバマ大統領がハバナを訪れたのだ。私がハバナを訪れたのは、まさにその1ヶ月後、ロシアや中国といったかつての社会主義の大国とは違う道を辿ってきたカリブの小国が、長年の敵国であったアメリカと仲直りをしてどのようになっているのか大変興味を惹かれたのだ。

 それ以前のキューバを知らないので比較して語ることもできない。滞在期間はわずか数日なので、その生活に深く分け入ったわけでもない。私がそこで見て感じた事は、ツーリストとして表層的なものに留まり、キューバの人々の生活の実態に迫るものではないだろう。私の目に留まったのは、この国のアイコンとでも言うべき1950年代のアメリカ車や道端で遊び学ぶ子供達。観光客用にレストアされた古い車もある一方で、市民が日常の足として使っているものも多い。道端の子供達の身なりは決していいものではないが、彼らの顔は屈託ない笑顔で溢れている。植民地時代からのヨーロッパ様式の古い建築に古いアメ車、これらはこの街の象徴であり、ついついカメラを向けたくなる。それらの写真がステレオタイプな観光写真だとしても、そこには、その時そこにしかない空気とでも言うべき何ものかが写されていて、アメリカという大国との関係性さえも、ラテン気質の陽気な人々の生活や街の風景の中に立ち現れているだろう。

 トランプ政権になり両国の関係は後退しているかに見える。しかしそこには変わらぬ彼らの生活が続いている筈である。私が写した2106年4月のハバナのこれらの写真の中には、苦難の歴史と共に歩んできたこの国の人々の、変わることのない気質がその歴史的な風景と共にある。

展示構成

モノクロームゼラチンシルバープリント

≫Click here for English documents

 

会期中の作家在廊予定

作家市川さんの在廊予定は未定です。決まり次第、Facebook、Twitterでお知らせします。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »