gallery 176の感染防止対策に関して

 

 gallery 176では、6月より写真展を再開していますが、今後の感染の推移によっては、展示を延期または中止、無観客での開催、webのみ公開に変更する場合があります。その際は、webやSNSでお知らせします。

 写真展を開催するにあたっては、お客様をはじめ、展示作家、ギャラリー運営関係者の健康に配慮し、以下の感染防止対策を行います。

ご来廊に関して

  • ご来廊の際は、マスクの着用をお願いします。
  • ギャラリー2階入口にて、手指消毒用の消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。
  • 発熱や咳、咽頭痛、だるさや息苦しさなどの症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。
  • ギャラリーに一度にご来廊いただける人数を、5名程度とさせていただきます。混雑が発生した場合は、1階入口(階段下)にてお待ちいただく場合がありますのでご了承ください。
  • スクーリングなど大人数でのご来場は、当面の間ご遠慮ください。
  • 人と人との間隔を充分に開けて作品をご鑑賞ください。

ご連絡先記入に関して

  • 万が一ギャラリー関係者等から新型コロナウイルス発症があった場合、連絡を差し上げられるよう、芳名帳へご連絡先の記入をお願いします(ご記入いただく連絡先、氏名などの個人情報については各展示来場者としての記録、DM等の広報物の発送以外に使用することはありません)。
  • ギャラリー2階入口に「大阪コロナ追跡システム」のQRコードを掲示しています。こちらへのメールアドレス登録にもご協力お願いします。
  • スマートフォンをご利用の方は、「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の利用もご検討ください。

ギャラリーの環境、運営に関して

  • ギャラリーでは、上部の窓を開けて換気をし、1階入口(階段下)のビニールカーテンは取り外しています。筆記用具、手すり等は、定期的に除菌しています。また、来廊者のトイレのご利用は中止させていただいています。ご了承ください。
  • ギャラリー在廊担当(展示作家、またはギャラリースタッフ)は、毎日の検温などの健康管理、手洗いや消毒、マスクの着用を行っています。
  • オープニングパーティーは、当面の間、開催を見合わせます。
  • トークイベントは、参加人数を減らし、感染防止対策を行った上で開催する予定です。

  皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。ご来廊を心よりお待ちしております。

 

 2020年8月8日

gallery 176

西川善康写真展「マチハニワ」

≫ 繁體中文English

展覧会概要

タイトル:「マチハニワ」

作家名:西川 善康

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年5月7日(金)〜5月18日(火)

休廊日

5月12日(水)、13日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 西川善康

展示概要

 私(西川)は大学では造園を学び、造園設計の仕事をしていました。その後、フィリピンに青年海外協力隊員として赴任し、帰国後、写真や映像、デザインの仕事をしています。

 これまで、自らの原点である造園、庭園に関連する作品「garden」、アジア(主にフィリピン、台湾)の人々の営みや風景をまとめた作品「DAVAO 1996-1999」「DAVAO 2019」などを発表しています。今年2021年は、その中の造園・庭園とアジアを融合させた作品を中心に展開していく予定です。

 まずは、造園・庭園と台湾をテーマにした「マチハニワ」を発表します。前回2020年の「garden」では、七つのパートに分けて庭の写真を展示し、最後のパート「外」で、庭の外である台湾の街の作品を展示しました。今回の「マチハニワ」は、この「外」のパートの続編的意味合いの作品になります。

作品説明

 ここ数年頻繁に訪れている台湾は、亜熱帯・熱帯性気候のためか、ガジュマルやホウオウボクなど、大きな樹木を至るところで見かけ、街中に緑があふれています。街を歩いて撮影していると、突然建物の影から樹木が現れたり、軒下の大量の鉢植えに行く手を阻まれます。人工構造物(建築物、看板、道路、歩道橋など)と自然素材(樹木)が絡み合う様は、観る角度、切り取り方によっては、庭園の一風景に見える場合があります。

 日本庭園は、自然素材(樹木や石、苔など)を用いて、人が意識的に創り出した自然を模した空間です。これに対し、台湾の街中の緑が織り成す光景は、人が無意識に創り上げた「庭園」ではないでしょうか。台湾の「マチハニワ」。私はそう思います。

展示構成

archival pigment print(インクジェットプリント)A2 8点/14×17 16点/16×20 1点/11×14 8点/合計 33点、映像 約5分冊子(見本展示及び販売)B5縦/中綴じ/32ページ

 

会期中の作家在廊予定

作家西川は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

杉浦正和写真展「迷幻街」

展覧会概要

タイトル:「迷幻街」

作家名:杉浦 正和

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年5月21日(金)〜6月1日(火)

休廊日

5月26日(水)、27日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

開催概要

杉浦さんとの出会いは、2005年に尼崎市で開催された「写真家井上青龍回顧展 : 眼差しの軌跡1931-1988」の、森山大道さん、猪瀬光さんのトークイベント後の酒席でした。

それから16年、他人の評価など気にせず、自分が作りたい作品をぶれることなく作り続ける杉浦さんの姿を見てきました。

いつかgallery 176で杉浦さんの写真展を開催できればと考えていたのですが、今回、杉浦さんの許可をいただき写真展を開催することになりました。

写真展期間中は終日杉浦さんが在廊されますので、皆さんぜひ会場にお越しいただければと思います。

gallery 176 友長勇介

作品説明

今回の展示は2019年〜2020年に撮影したベトナムの夜の路上スナップです。

18歳の頃からカメラを持って旅に出ることを始めて、40数年経った今でも同じように出かけています。

記憶は、時とともに薄れてきていますが、今のベトナムの街の醸し出す空気感は、賑わっていた子供の頃や、旅を始めた20代、何処へ行くにもまず格安旅券を買うために訪れた当時のタバンコクにもよく似ています。

人口の60%が30歳以下という若さで、街は昭和の日本のように混沌として、活気があり、徘徊するだけで胸が躍ります。

そこで、外界との接触をカメラで仲介し、時間が経つのを忘れるほど夢中になり、感情の奴隷になった時に、生きているという実感が湧き出てきます。

杉浦正和

展示構成

2018年〜2020年(ヴェトナム) 路上スナップ、ピグメントプリント、329㎜×483㎜

 

会期中の作家在廊予定

作家杉浦さんは全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

早川知芳写真展「静かの海 Ritual」

展覧会概要

タイトル:「静かの海 Ritual」

作家名:早川 知芳

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年6月4日(金)〜6月15日(火)

休廊日

6月9日(水)、10日(木) *作家都合による臨時休廊がある可能性があります。その場合はギャラリーSNS等でお知らせいたします。

開廊時間

13:00〜19:00 

企画

gallery 176 早川知芳

作品説明

荒涼とした原始が剥き出しの、冬の荒れた海に対峙する釣人のドキュメント「静かの海 Mare Tranquillitatis」展(2018年)の続編「静かの海 Ritual」。

冬の紀伊半島の荒れた磯に立ち、海に対峙し、魚を追う釣人のドキュメント。

前回の展示では釣人とその環境を客観的に捉え、その世界観の構築を目指しました。
今回の展示は、前回のコンセプトを踏襲しながらも、釣人の視ている風景を基に構成し、彼らが何故そこまでして魚を追うのか?何故そこまでして荒れた海に対峙し続けるのか?を考察します。
趣味や娯楽、或いは生活のための職漁師の範疇では捉える事のできない彼ら釣人は、社会との関わりを断ち、絶対的に救済の無い世界に於いて永遠に「祭祀−Ritual」を続けている存在であると感じずにはいられません。そして、魚を釣るという目的や行為は方便に過ぎず、その実は救済の無い世界を生きることへの抗いではないのかとも思わずにはいられません。贖罪と抗い、理性と感情、それらの相剋を彷徨い続ける釣人。
海と陸との境界、その断崖の淵を歩き続ける釣人の見つめる世界の先にあるものとは何か?
だが、未だ海は沈黙したままで、釣人の眼前に広がる世界は「静かの海」でありつづけている。

展示構成

カラー・モノクロ混合、大型インクジェットプリントによる展示構成。展示点数は未定。

 

会期中の作家在廊予定

作家早川は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

波多野祐貴写真展「undercurrent」

© YUKI Hatano

展覧会概要

タイトル:「undercurrent」

作家名:波多野 祐貴

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年6月19日(土)〜6月27日(日) *通常と会期初日と最終日の曜日が異なります

休廊日

6月21日(月)〜25日(金) *通常と休廊日が異なります(土日のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00 

企画

gallery 176 波多野祐貴

作品説明

ある水場の記録

展示構成

インクジェットプリント他

 

会期中の作家在廊予定

作家波多野は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

川井ケンゾー写真展「なにげなくをさりげなく」

展覧会概要

タイトル:「なにげなくをさりげなく」

作家名:川井 ケンゾー

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年7月2日(金)〜7月11日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

7月5日(月)〜8日(木) *通常と休廊日が異なります(金土日のみ開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

開催概要

川井さんは兵庫県在住の写真家。一年に3冊のペースで自作の写真冊子を制作している方でもあります。今回国内各地の変わりゆく地方を記録撮影したシリーズの白黒写真作品を展示します。休日写真家として歩んできた川井さんの写真軌跡を会場でご覧いただければと思います。


gallery 176 松原豊

作品説明

私は、スナップショットが好きで、休日の限られた時間に街頭へ繰り出しては、シャッターを押すことを繰り返してきました。

近年は、人口減少時代を迎えて急激に変わりつつある日本の姿を少しでも記録しておきたいという思いも重なり、地方へも足を伸ばしています。

それぞれの現場では、予めイメージしていたその土地を象徴する景色のほかに、無名のなにげないシーンに数多く出会います。私は、できる限り自然体で、時には無意識のままに、さりげなく、それらをカメラに収めます。

写真になることが全く予期されていなかったものが写真となって眼の前に再び立ち現れたとき、私は、何よりも強固なリアリティと醍醐味を感じるのです。国内各地で撮った写真は撮影地ごとの冊子にまとめ、2017年からシリーズ「日本の地方」として刊行している冊子は、13冊を数えます。展示プリントは、冊子に収録した写真に未発表のものを交えて構成します。

川井ケンゾー

展示構成

インクジェットモノクロプリント28点(予定)、210×297mm。
冊子13点、A4判、40ページ。
川井さんのインタビューを掲載した季刊誌「NAGI-84号」(月兎舎)

 

会期中の作家在廊予定

作家川井さんは会期中在廊予定です。在廊予定の詳細は、後日Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

原田健一映像展「夢の中で倫理が生まれる」

展覧会概要

タイトル:「夢の中で倫理が生まれる」

作家名:原田 健一

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年7月17日(土)〜7月27日(火) *会期初日の曜日が通常と異なります

休廊日

7月21日(水)、22日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

開催概要

2003年新潟市にある新潟絵屋という、大正期の町屋を改装した画廊で写真展を開催させていただきました。 この写真展を企画してくれたG&S根雨の石井仁志さんと一緒に会場に来られたのが、当時新潟大学教授で今年3月に退職をされた原田健一さんでした。

原田さんとの会話の中で、原田さんが学生の頃から実験映像を制作されている事を知りました。私も写真を始める前に実験映像に興味があった時期があり、当時イメージフォーラムフェスティバル会場だったキリンプラザ大阪に通い、山崎幹夫監督の作品を観に京都のMETROに行くなどしていたので、原田さんの作品も観たいと思いながら、長い間観れずにいたのですが、昨年1月に新潟市にある砂丘館で開催された原田健一映像展「夢の中で倫理が生まれる」で原田さんの動画作品と写真作品を観る事ができました。

観させいただいて、ぜひ gallery 176 でも展示していただければと、お声をかけさせていただいたところ、快諾していただきました。たくさんの方に、原田さんの写真作品、映像作品を見ていただければと思っております。

gallery 176 友長勇介

作品説明

映像『夢の中で倫理が生まれる』は、1996年アイルランドのアラン諸島の動画と、2019年にいがた島の写真によって構成された複合的な作品であり、プロジェクトです。2020年の現在から1996年のアラン諸島の記憶の夢をたどりつつ、 2019年に写された新潟の映像の記録をつなげる。「ここ」と「あそこ」を架橋しようとする試み。「あそこ」とはアラン諸島のイニシュモア、イニシュマーン、イニシィアの島々であり、「ここ」とは潟だったどこにも存在しない、にいがた島なのです。

「ここ」と「あそこ」、2020年の現在と、1996年の動画の世界をつなげるべく設定された場所は、にいがた島にある砂丘館でした。砂丘館では展示上映会場である蔵で堀川久子が踊り、写された映像との距離を埋めるべく、時にスクリーンをくゆらし、ゆるやかにゆがませ写されたアラン諸島の映像と身体をからませました。映画『夢の中で倫理が生まれる』は、2020年の砂丘館の展示上映空間を写し、そこでのパフォーマンスを記録しつつ、アラン諸島の動画へと移動し、再び、砂丘館の日本家屋での儀礼となり、再び島の映像となる。組み込まれた時間と空間が幾重にも重ねられ、過去と現在、目の前の現実とが複雑に交錯し、映像が創発する新たな時空間を現出させようとします。

原田健一

展示構成

動画『夢の中で倫理が生まれる』 63分
写真 A3のび(カラー、インクジェット)40枚 
A0版(カラー、インクジェット)3枚 他

 

会期中の作家在廊予定

作家原田さんは全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »