木村孝 / Kou Kimura

繁體中文English

 

 写真は、私の目の前に立ち現れる世界の断片の記録です。

 タイ王国の新興工業団地とそのニュータウンにより成立している「アマタ」と呼ばれる街(行政区分上は存在しない)に興味を持ち、撮影を続けています。“Discipline- and Nature”では、 光景を形成する様々なレイヤーをうつすことで生じるイメージから、「ありよう」の観察を続け、“Faces of Amata Nakorn, the ‘Eternal City’”では、人々と彼らの部屋に露出する「らしさ」に、この街や、現代タイの一端を見出しています。

 また、「泳ぐセミ」では、ある夏に私が見た(と認識した)「水面を泳ぐセミ」をモチーフに、視覚と意識の関わり合いについて探っています。

 

 

プロフィール

*2020年11月〜 gallery 176に運営メンバーとして在籍中

略歴

愛媛県生まれ
日本写真芸術専門学校卒業
そのとき、そこにある「らしさ」(ときには「不確かさ」)のかけらをひろい集めています

2018年 Uttarayan Art Foundation 滞在作品制作(インド)

個展

2020年 木村孝写真展 「ライフ・コレクション・イン・ニュータウン」銀座ニコンサロン(東京)、大阪ニコンサロン(大阪)

2021年 「アマタナコーンとその人々」(gallery 176/大阪)

webサイト

https://kimurakou.com/