布垣昌邦写真展「青の時代」

展覧会概要

タイトル:「青の時代」

作家名:布垣 昌邦

会期

2017年9月9日(土)〜9月24日(日)
*通常とは会期初日・最終日の曜日が異なります

休廊日

9月12日(火)、13日(水)、14日(木)、19日(火)、20日(水)、21日(木)
*通常とは休廊日の曜日が異なります
*配布中のDM(案内はがき)に記載している休廊日の曜日の一部に間違いがありました。休廊日は火、水、木となります。ご注意ください

開廊時間

平日 13:00〜19:00、土曜 11:00〜19:00、日曜・祝日 11:00〜17:00

作品説明

37年間、私が生きてきた街『茨木』で根を張って写真を撮り続ける事10年。多くの街を撮影してきたが、私にとってこの街は撮り難く写らない。自分の聖地である場所が写らないという事に、写真家である自分に疑問を抱えて10年間の撮影を繰り返してきた。今思う事は、その問答を込めたものが私の写真ではないか。模索することを受け入れた上で、写真の可能性を考えた時、気が楽になり、続けていこうと決意した。私の一年発起、青の時代2007年から2017年の記録である。

布垣 昌邦

展示概要

カラー写真 大四切21点、全紙3点 展示予定

 

会期中の作家在廊予定

作家布垣は、9月10日(日)、17日(日)、18日(月・祝)、23日(土・祝)、24日(日)に在廊の予定です。在廊予定に変更・追加がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

9月17日(日) の開廊時間について

9月17日(日)は有料イベント開催のため、15:30以降はイベント参加者以外の方は入廊することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、15:30までにお越しください。
*当日は、15:30に一旦ギャラリーをクローズし、15:50から有料イベントの受付・入場を開始します。

» 続きはこちら

金村修、タカザワケンジ展「写真史(仮)」

(C)金村修「Animals (For Garry Winogrand)」(映像作品)より

(C)タカザワケンジ(写真はイメージです)

展覧会概要

タイトル:「写真史(仮)」

作家名:金村修、タカザワケンジ

会期

10月8日(日)〜10月22日(日)
*通常とは会期初日・最終日が異なります

休廊日

10月11日(水)、12日(木)、18日(水)、19日(木)

開廊時間

平日 13:00〜19:00、土曜 11:00〜19:00、日曜・祝日 11:00〜17:00
*10月14日(土)は有料イベント開催のため、イベント参加者以外の方の入廊時間が11:00〜13:00となります。ご注意ください

作品説明

「写真史というのは、時代と状況によって絶えず解釈し直される『写真史(仮)』という形でしか、存在できないのではないだろうか。」(金村修)。

今年2月に刊行された、金村修、タカザワケンジ著『挑発する写真史』(平凡社)の「まえがき」一節である。『写真史(仮)』は同書のタイトル案の1つでもあった。

金村が述べているように、歴史はつねに現在の視点で書き直される(仮)のものでしかない。今回の展示ではその(仮)でしかない写真史をテーマにする。

展示概要

展覧会場では、金村修による映像作品「Animals (For Garry Winogrand)」と写真作品1点(大阪巡回展のみ)と、タカザワケンジによる『挑発する写真史』に関連する写真展示「偶然の写真史」を行います。

また会期中、二人によるレクチャー「その後の仁義なき挑発する写真史 大阪死闘篇」を開催します。

*当展示は、2017年5月16日(火)〜6月3日(土) alternative space「The White」(東京神保町)で行われた展示を再構成したものです。

 

会期中の作家在廊予定

作家 金村氏、タカザワ氏は、有料イベント開催日の10月14日(土)のみ在廊の予定です。在廊予定に変更・追加がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

10月14日(土) の開廊時間について

10月14日(土)は有料イベント開催のため、13:00以降はイベント参加者以外の方は入廊することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、11:00〜13:00の間にお越しください。
*当日は、13:00に一旦ギャラリーをクローズし、13:20から有料イベントの受付・入場を開始する予定です。

» 続きはこちら

髙津吉則写真展「REPLICAS」

展覧会概要

タイトル:「REPLICAS」

作家名:髙津 吉則

会期

2017年10月27日(金)〜11月7日(火)

休廊日

11月1日(水)、2日(木)

開廊時間

平日 13:00〜19:00、土曜 11:00〜19:00、日曜・祝日 11:00〜17:00

作品説明

1万人のコスプレイヤーが集う日本橋ストリートフェスタ。そこに謎めいたエネルギーを感じた私は、美しく妖しい彼女達の世界に侵入してその謎を解きたいと思った。<自分探し>が徒労に終わるこの時代、<自分隠し>には魂を開放させる術が隠されているに違いない…との直感を頼りに。

運良く異世界に侵入できた私は、彼女達の美しさを写真で表現すると共にその心情を理解しようと努めた。

見聞きするすべてに驚愕する私に向け、第二次世界大戦を舞台としたエロゲーの素晴らしさを語る彼女が発した一言。それは謎解きのヒントなのかもしれない。

「世の中が狂ってる時代には狂ってるヤツのほうがまともかもしれないでしょ。」

彼女達が生きようとする〈もうひとつの国〉。写真展はその国の美しさに魅せられて迷い込んだ私の3年間に及んだ謎解きの旅の記録でもある。 

髙津 吉則

展示概要

カラー・インクジェットプリント A3〜B1 計35点

 

会期中の作家在廊予定

作家髙津は、10月27日(金)・28日(土)・29日(日)は終日、30日(月)・31日(火)は15:00以降、11月3日(金・祝)・4日(土)・7日(火)は終日在廊の予定です。在廊予定に変更・追加がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

» 続きはこちら

尾﨑ゆり写真展「88」

展覧会概要

タイトル:「88」

作家名:尾﨑 ゆり

会期

2017年11月17日(金)~11月28日(火)

休廊日

11月22日(水) *休廊日が通常と異なります

開廊時間

平日 13:00〜19:00、土曜・日曜・祝日 11:00〜19:00
*開廊時間が一部通常と異なります

作品説明

日本の中心から離れた場所、四国。

1200 年続く1400kmの巡礼、四国霊場88ヶ所、通称「お遍路」。

88 は人が修行によって消せることができる煩悩の数。

弘法大師の足跡を追って、煩悩と同じ数の霊場を一つ一つ巡り、罪や心の痛みを一つ一つ取り除いていく。

私の心の中に占めていた痛みも少しずつ消えていく。

それを確かめるように、忘れないように写真に残す。

巡礼の道は人生そのものかもしれない。

今を生きているという実感をしながら、私はこの道の途中にいる。

尾﨑 ゆり

 

会期中の作家在廊予定

作家尾﨑は、11月18日(土)、19日(日)、23日(木・祝)、25日(土)、26日(日)に在廊の予定です。在廊予定に変更・追加がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

» 続きはこちら

  • «
  • 1
  • »