photo by Daido Moriyama

展覧会概要

タイトル:「Ango」

作家名:森山 大道

会期

2018年8月31日(金)〜9月30日(日)
*会期終わりの曜日が通常と異なります

休廊日

9月5日(水)、6日(木)、12日(水)、13日(木) 、19日(水)、20日(木)、 26日(水)、27日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

協力

森山大道写真財団写々者マッチアンドカンパニーPOETIC SCAPE

作品説明

 gallery 176では、2018年8月31日(金)より9月30日(日)まで、森山大道 写真展「Ango」を開催いたします。 

 数多く発表されている坂口安吾の著作の中でも傑作とされる『桜の森の満開の下』と、森山大道が撮りおろした漆黒の桜の写真を、デザイナーの町口覚が “交配” させ一冊の書物を生み出しました。その出版記念として、同書に収録された森山大道の写真作品を展示いたします。

 

9月22日(土)、23日(日) の開廊時間について

有料イベント開催のため、9月22日(土)は14:30〜17:00、9月23日(日)は13:00〜16:30はイベント参加者以外の方は入廊することが出来ません。大変申し訳ございませんが、作品を鑑賞される場合は、9月22日(土)は13:00〜14:30、17:00〜19:00、9月23日(日)は16:30〜19:00にお越しください。

 

『Daido Moriyama: Ango』について

 グラフィックデザイナー/パブリッシャーである町口覚が、日本の写真家の写真と、日本の近現代文学を一冊の本という空間の中で交錯させ、新しい表現力をもつ“書物”を生み出すプロジェクト。第一弾〜第三弾の森山大道、野村佐紀子を迎えての第四弾『Sakiko Nomura: Ango』に続くシリーズ五弾目となる。

 1947年に発表された『桜の森の満開の下』は無頼派の巨星、坂口安吾の著作の中でも『堕落論』や『白痴』と並ぶ傑作とされる。その名作と森山大道が撮りおろした写真を、町口覚が新しく編み造本した。『Daido Moriyama: Ango』は英語版が2017年11月のパリフォトで先行発売され大反響を呼んだ。待望の日本語版は2018年1月に発売。

 

関連書籍

写真集『Daido Moriyama: Ango』(日本語版・英語版)

言葉:坂口安吾|写真:森山大道|造本:町口覚
プロジェクトディレクター:大西洋 判型:240mm x 165mm(B5判変形)|188頁|写真点数:57点
上製本(スリーブケース入り)
定価:5,800円+税

*会場で販売する日本語版、英語版にはサインが入っています

関連イベント

対談:森山大道 × 町口覚

開催日時

2018年9月22日(土) 15:00〜16:30

会場

gallery 176

定員

定員30名(要予約)

参加費

7,500円(森山大道サイン入り写真集『Daido Moriyama: Ango』付き)

申し込み方法

*ただいまイベント募集準備中です。8月15日から募集開始の予定です。

関連ワークショップ

町口覚の作業場 in gallery 176/柿島貴志の作業場 in gallery 176

開催日

2018年9月23日(日)

開催時間

11:00〜13:00 町口覚の作業場 in gallery 176

14:00〜16:00 柿島貴志の作業場 in gallery 176

会場

gallery 176

定員

調整中

参加費

調整中

申し込み方法

*ただいまイベント募集準備中です。8月15日以降から募集開始の予定です。

 

プレスリリース