山下豊ワークショップ

山下豊ワークショップ

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)
大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

開催日

2022年10月26日(水)、11月23日(水・祝)、12月21日(水)/毎月1回、月後半の水曜開催

開催時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 山下豊

開催内容

写真で個展を開催できるようになることを目的にみなさんの写真を見ながら作品制作のお手伝いをします。ワークショップは1回だけでなく、続けて写真を見せていただき、みなさんと一緒に作品を作り上げていきたいと思います。まずは気楽に参加をしてください。

ご用意していただくもの

作品(できるだけ沢山)

参加費

2,000円(税込)/1時間

定員

各回1名(1時間)、計6名/日

講師

山下 豊

申込み方法

info@null176.photos 宛に、件名を「山下宛 ワークショップ申込み」として、本文にお名前、年齢、性別、希望時間、連絡先(電話番号、メールアドレスなど)をご記入の上、お送りください。

» 続きはこちら

山下豊プレワークショップ

イベント:山下豊プレワークショップ

*今回はイベントのため、写真の展示はありません。

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)
大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

開催日

2022年10月16日(日)

開催時間

13:00〜18:00

企画

gallery 176 山下豊

開催内容

写真で個展を開催できるようになることを目的にみなさんの写真を見ながら作品制作のお手伝いをします。ワークショップは1回だけでなく、続けて写真を見せていただき、みなさんと一緒に作品を作り上げていきたいと思います。まずは気楽に参加をしてください。

*10月26日(水)から開催予定の「山下豊ワークショップ」のプレワークショップです。

ご用意していただくもの

作品(できるだけ沢山)

参加費

1,000円(税込)/1時間(お試し価格)

定員

各回1名(1時間)、計5名

講師

山下 豊

申込み方法

info@null176.photos 宛に、件名を「山下宛 プレワークショップ申込み」として、本文にお名前、年齢、性別、希望時間、連絡先(電話番号、メールアドレスなど)をご記入の上、お送りください。

» 続きはこちら

gallery 176 写真相談会

イベント:gallery 176 写真相談会

*今回はイベントのため、写真の展示はありません。

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

開催日

2022年9月4日(日)

開催時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 早川知芳

開催概要

gallery 176 メンバーによる写真相談会です。相談内容は写真に関する事(作品制作に関する事・展示の方法に関する事・その他写真に関した相談)です。

開催内容

gallery 176では、主に作家志向の方へ向けた「写真を観る会」というポートフォリオレビューを定期的に開催しています。どちらかと言えばある程度方向性を持たれたシリアスな作家志向あるいは作家志望の方の参加が主で、レビュー自体も参加者一人に付き1時間じっくり行うという内容です。 今回初の試みとなる「写真相談会」は、写真を観る会への参加はちょっと敷居が高いな・・・という方へ向けた相談イベントです。

  • 「写真を観る会」への参加準備として相談したい
  • 写真は撮ってはいるけれどもイマイチ何を撮りたいのかわからない
  • 個展開催やグループ展に参加したいけれどもどうしていいのかわからない
  • その他写真に関する相談(内容によっては対応できない場合もあります)

など、写真に関する相談を受け付けます(今回は作品のレビューや批評は原則行いません)。 当日はgallery 176 メンバー数人が待機し相談内容に応じて個別に対応します。

» 続きはこちら

関西初!雑誌「写真」誕生の背景を知る!制作秘話を聞く!

トークイベント:関西初!雑誌「写真」誕生の背景を知る!制作秘話を聞く!

*今回はイベントのため、写真の展示はありません。

開催概要

 雑誌『写真』の編集人・村上仁一さん(合同会社PCT)、エディトリアルディレクター・打林俊さん(写真評論家)のトークをgallery 176にて開催いたします。

 創刊されたばかりの新しい雑誌『写真』について、制作に携わる2人から、その誕生した背景や制作秘話をお話しいただきます。ぜひ雑誌『写真』を片手にご参加ください。なお、このトークは関西初の開催となります。

*会場観覧とオンライン配信のハイブリッドで開催します。貴重な機会です。是非ご参加下さい。

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

開催日時

2022年2月19日(土) 15:00~16:00

企画

gallery 176

登壇者

村上仁一(『写真』編集人)
打林俊(写真評論家)
松原豊(司会進行、gallery 176 運営メンバー)

雑誌「写真」|Sha Shin Magazine

*トークイベント当日、会場で雑誌「写真」を販売する予定です。

創刊号「東京 TOKYO」

創刊:2022年1月20日
発行:年2回(1月・7月)
仕様:A5判変形・280ページ
定価:2,700円(税別)
ISBN:978-4-908955-13-6

発行人:渡辺 薫
編集人:村上仁一
編集:圓谷真唯
エディトリアルディレクター:打林 俊
統括アドバイザー:飯沢耕太郎
造本設計:町口 覚
デザイン:浅田 農
発行:ふげん社
印刷:渡辺美術印刷株式会社
制作:合同会社 PCT

公式ウェブサイト:https://www.shashin.tokyo/

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

gallery 176 再開5周年企画「写真展示販売会 #2」

*写真は2018年7月の「写真展示販売会」での会場風景

イベント:gallery 176 再開5周年企画「写真展示販売会 #2」

開催概要

 gallery 176は、2016年9月17日に8人の写真家が共同運営するギャラリーとして再開し、今年2021年9月17日で再開5周年となります。(参考「再開について」)

 この5年間、運営メンバーが年間1〜2本の個展を開催し、ギャラリー企画展、運営メンバー個人企画展、外部ギャラリーとの交流展として、多数の外部作家の方々に展示していただいています。2017年からは、台湾のフォトフェア「TAIWAN PHOTO」への参加をきっかけに、海外のギャラリー、作家との交流展も開催しています。(参考「gallery 176 とは」)

 gallery 176 再開5周年となる2021年9月17日からの4日間、再開5周年企画として、各運営メンバーのインタビュー映像の上映(同時にオンラインでの配信も予定)、作品の展示販売、ポストカード、写真集、冊子等の販売を行う「写真展示販売会 #2」を開催します。

*展示、販売物の詳細については、決まり次第、こちらとSNSでお知らせする予定です。

出展者

友長勇介松原豊布垣昌邦西川善康早川知芳坂東正沙子鈴木郁子木村孝

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年9月17日(金)〜9月20日(月・祝) *会期が通常の展覧会と異なります

休廊日

会期中無休

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176

 

会期中の作家在廊予定

出展者は、会期中交替で在廊予定です。在廊予定は、事前にFacebook、Twitterでお知らせする予定です。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

写真を観る会 #4

*2018年7月開催の「写真を観る会」の様子

イベント:写真を観る会 #4

*今回はイベントのため、写真の展示はありません。

開催概要

 gallery 176運営メンバーの布垣が、作品作りをしているが作品発表の場が無い方、発表方法がわからない方等の作品を拝見し、作品作り、展覧会開催などのアドバイスをします。参加された方は、gallery 176での写真展開催(メンバー布垣の企画として、費用は別途必要)の可能性があります。

開催日

2020年1月12日(日)

企画

gallery 176 布垣昌邦

 

「写真を観る会 #4」募集内容

開催日

2020年1月12日(日)

開催時間

13:00〜/14:00〜/15:00〜/16:00〜(4回開催、各回30〜45分程度)

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)
大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

募集対象

個展開催未経験(グループ展参加はOK)の若手、中堅の写真作家(作家志望含む)、年齢不問、ただし自ら作品を制作している方

参加費

1,500円(要予約)

定員

各回 1名

参加者にご用意していただくもの

各自の作品、作品はキャビネ(2L)〜六つ切り(A4)サイズ程度で20〜25枚程度(個展が開催できる枚数)。作品はファイルに綴じていても構いませんが、机に作品を全てを並べて観る予定なので、すぐに取り出せるようにしておいてください。作品はデータは不可で必ずプリントで持参して下さい。作品は個展開催を想定してまとめたものが望ましいです。

担当

布垣昌邦+ギャラリー運営メンバー

申込み方法

こちらのフォームからお申し込みください。

≫ お申し込みフォーム

» 続きはこちら

176シネマ #3 フィリピンの大ヒットエンターティメント映画「バルセロナ」

*本上映会では日本語字幕付きで上映します

イベント:176シネマ #3 フィリピンの大ヒットエンターティメント映画「バルセロナ」

*今回は映画上映会のイベントです。写真の展示はありません。

開催概要

 gallery 176では、写真と関わりのある映像を紹介する「176シネマ」を、2017年8月より始めました。第1回、第2回は、写真家マン・レイなどの映画を上映し、好評を博しました。

 その「176シネマ」の第3回を4月に開催します。今回は、昨年2018年10月に写真展「DAVAO 1996-1999」を開催した西川が、自らの写真のルーツであるフィリピンを広く一般の方に知ってもらうため、彼らの身近な大衆文化の一つであるフィリピンのエンターテイメント映画の上映会を企画しました。

開催日

2019420()21()

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分
tel 050-7119-9176

≫ 交通アクセス

企画

gallery 176 西川善康、友長勇介、MIA MUSIC&BOOKS 藤野秋郎

開催趣旨

 日本の一般の人々に、フィリピンのエンターテイメント映画を観ていただき、フィリピンの文化を知ってもらうのが、今回の上映会の目的です。

 近年、一部のフィリピン映画が日本でも注目を集めて来ています。しかし、それらのほとんどは、アート系の映画か、インディペンデント映画で、これらの映画を観る客層は、アートやサブカルチャーに興味のある方に限られています。

 今回、私たちは、アート系の映画だけではなく、フィリピンの映画館で全国ロードショー上映されるメジャーな娯楽映画(エンターテイメント映画)を、日本の一般の人々に観てもらいたいと考え、この上映会を企画しました。今回上映する「バルセロナ Barcelona: a love untold」(2016年のフィリピン国内興行成績2位の大ヒット作!)では、フィリピンの家族関係、OFW(Overseas Filipino Worker、海外フィリピン人労働者)の状況、フィリピンの若者のラブストーリーが盛り込まれており、普段着のフィリピン人に接することができます。

 私たちがこの映画を選んだもう一つの理由は、労働力不足に苦しむ日本は、今後、フィリピン人をはじめ多くの外国人労働者を受け入れる必要が出てくると思われるので、多くの日本人がフィリピン人について知り、理解を深めることは、これからとても重要となってくると考えられるからです。

 今回の映画「バルセロナ Barcelona: a love untold」が、私たち日本人がフィリピン人を理解し、両国の相互理解を深める手助けになればと考えています。

 

上映作品

「バルセロナ  Barcelona: a love untold」

*上映前にMIA MUSIC&BOOKS 藤野氏による見どころ解説あり

上映時間

4月20日(土)

1回目 13:00〜(15:30ごろ終了予定)
2回目 16:30〜(19:00ごろ終了予定)

4月21日(日)

1回目 13:00〜(15:30ごろ終了予定)
2回目 16:30〜(19:00ごろ終了予定)

*開場は上映開始時間の30分前です

料金

前売1,500円/当日1,700円

*小学生以下無料/各回入れ替え制

フィリピンのお土産付き!

*フィリピン映画関連のポスター、フィリピンのドリンク、フィリピン音楽のサンプルCDの特典付きです(小学生以下はフィリピンのドリンクの特典付き。特典内容は変更される場合があります)。

定員

各回 30名

» 続きはこちら

はじめての写真展示学

撮影協力:写真表現ラボ Nagy|KOBE 819 GALLERY

講座:はじめての写真展示学

*今回はイベント(講座)のため、写真の展示はありません。

開催概要

 神戸の写真専門ギャラリー KOBE 819 GALLERYを運営し、様々な写真展を企画してきた野元大意さんを講師としてお招きし、写真展を開催する前に是非とも知っておきたい知識『写真展示学』を学ぶ講座です。講座は、土日2日連続の開催で、2時間の講座が4回の計8時間と、内容盛りだくさんです。

 この講座は、鑑賞者の立場に立ち、写真展示をどう構築するかについて、実際の例やデータを参照しながら基礎を学んでいきます。講座の最後には、展示運営計画のシミュレーションのワークショップを行い、手を動かし、楽しみながら学ぶことができます。

開催日

2019年3月23日(土)、24日(日)

開催時間

13:0017:30

企画

gallery 176 西川善康、友長勇介|KOBE 819 GALLERY 野元大意

 

「はじめての写真展示学」募集内容

募集対象

 これから写真の展示を考えている方、展示の予定は無いが作品をどうまとめたいか、どう見せていきたいか悩んでいる方、また、鑑賞者として写真展示を楽しんでいる方などに、この講座をお薦めします。

開催日時

3月23日(土) 13:00〜17:30(途中30分間休憩あり)
3月24日(日) 13:00〜17:30(途中30分間休憩あり)

*今回の講座は、二日間連続での参加となります。

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)
大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

カリキュラム

1日目(3月23日)

Section 1:展示学とはなにか?(約2時間)

展示学の基本的な考えを学び、著名な写真家やKOBE 819 GALLERYでの展示を例に、効果や方法を学びます。

Section 2:写真展を成立させるために(約2時間)

総合的に写真展を成立させるために必要な5つの要素を知り、写真展の構成力を高めることを学びます。

2日目(3月24日)

Section 3:効果的な展示方法(約2時間)

展示デザインや人間的要因、行動傾向について、データを参照に学ぶことで有効かつ効果的な展示方法を考えます。

Section 4:展示の現場(約2時間)

講座の総仕上げとして、体感ワークを実施し、写真展をつくる体感をしていただきます。

受講料

20,000円(税込、要予約、2時間×2回×2日=合計8時間の講座)

定員

15人(最小開講人数4人)

持ち物

筆記用具

講師

野元大意

申込み方法

こちらのフォームからお申し込みください。

*この講座「はじめての写真展示学」に参加される方は、3月31日(日)開催の写真を観る会 #3、4月7日(日)開催の中野智文ワークショップ:中国最大の写真祭「平遥国際写真祭」より「見る、展示する、つながる」に無料でご参加いただけます。

≫ お申し込みフォーム

» 続きはこちら

写真を観る会 #2

*2018年7月開催の「写真を観る会」の様子

イベント:写真を観る会 #2

*今回はイベントのため、写真の展示はありません。

開催概要

 gallery 176 運営メンバーの布垣が、作品作りをしているが作品発表の場が無い方、発表方法がわからない方等の作品を拝見し、作品作り、展覧会開催などのアドバイスをします。参加された方は、gallery 176  での写真展開催(メンバー布垣の企画として、費用は別途必要)の可能性があります。

開催日

2019年1月13日(日)

企画

gallery 176 布垣昌邦

 

「写真を観る会 #2」募集内容

開催日

2019年1月13日(日)

開催時間

13:00〜/14:00〜/15:00〜/16:00〜(4回開催、各回30〜45分程度)

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)
大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

募集対象

個展開催未経験(グループ展参加はOK)の若手、中堅の写真作家(作家志望含む)、年齢不問、ただし自ら作品を制作している方

参加費

1,500円(要予約)

定員

各回 1名

参加者にご用意していただくもの

各自の作品、作品はキャビネ(2L)〜六つ切り(A4)サイズ程度で20〜25枚程度(個展が開催できる枚数)。作品はファイルに綴じていても構いませんが、机に作品を全てを並べて観る予定なので、すぐに取り出せるようにしておいてください。作品はデータは不可で必ずプリントで持参して下さい。作品は個展開催を想定してまとめたものが望ましいです。

担当

布垣昌邦+ギャラリー運営メンバー

申込み方法

こちらのフォームからお申し込みください。

≫ お申し込みフォーム

» 続きはこちら

写真展示販売会

*写真は2017年9月のTAIWAN PHOTO 2017での会場風景

イベント:写真展示販売会

開催概要

 日本、特に大阪では、ギャラリーでは写真(プリント作品)が売れないと言われていますが、果たして、作家・ギャラリーサイドが販売する作品は、一般の人にとって買いたくなるもの、買い易いものだろうか。

 gallery 176では、コレクターではない一般の人が買い易い作品(作品の大きさ、価格も含めて)を調査する目的で、メンバーの作品を展示販売します。

 また、これまでギャラリーの展示や活動についての紹介、その他イベント(ワークショップ等)も検討中です。詳細については、決まり次第、こちらでお知らせする予定です。

開催日

2018年7月6日(金)、7日(土)、13日(金)、14日(土)、15日(日)、16日(月・祝) *開催日(会期)が通常の展覧会と異なります

休廊日

7月8日(日)、9日(月)、10日(火)、11日(水)、12日(木)  *休廊日が通常と異なります。8日(日)は「写真を観る会」参加者のみ入廊可能です

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176

» 続きはこちら