西川善康展「prototypes」

展覧会概要

タイトル:「prototypes」

作家名:西川 善康

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年10月8日(金)〜10月19日(火)

休廊日

10月13日(水)、14日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 西川善康

展示概要

 今回の展示は、「prototypes(試作品)」と題して、制作中の作品を展示します。

 一つめは、都市の風景写真から、植物や緑を抜き出し、緑を強調することを試みる作品「draw out a green / 緑の抽出(仮)」(archival pigment print + トレーシングペーパー)。これは、前回の写真展「マチハニワ」で試みようと考えていましたが、時間的に間に合わず断念していました。今回は、新たな素材(写真)も加え制作した作品を展示します。

 二つめは、2019年のフィリピン・ダバオ滞在時に撮影した短い映像作品「DAVAO 2019」。これも、2019年の写真展「DAVAO 2019」で上映を考えていた作品です。写真は一瞬の時間を切り取りますが、映像は一つの時間をまとまりとして記録します。今回は、移動する視点を中心にまとめています。

 三つめは、2020年の写真展「garden」の庭を素材とした作品から(展示していない作品も含む)、素材の質感を重視した作品を、「襖(ふすま)」に見立てて展示します。

 最後に、作家自身の三人もこどもの成長を並列にまとめた作品を展示します。これは、2017年の写真展「こどもかるた」から派生した作品です。

 その他、これまで制作した冊子「plants」、「garden」、「マチハニワ」、「DAVAO 2019」を展示販売します。コロナ禍の中、なかなかギャラリーで展示を観ていただくのが難しい状況ですので、今後は、積極的に印刷物を制作し、時間(会期)や場所(会場)の制限を超えて、作品を届けていきたいと考えています。

展示構成

archival pigment print(インクジェットプリント)、archival pigment print + トレーシングペーパー、映像、冊子

 

会期中の作家在廊予定

作家西川は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

尾仲浩二写真展「Have a Break」

展覧会概要

タイトル:「Have a Break」

作家名:尾仲 浩二

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年9月24日(金)〜10月5日(火)

休廊日

9月29日(水)、30日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 鈴木郁子

開催概要

昨年のgallery 176での展示「すこし色あせた旅」は、古いネガからプリントした作品でした。その展示にはコロナ禍でありながらも多くの来場者があり、お互い控えめながらも情報交換や会話も楽しめました。普段は東京を中心に活動している私ですが、展示を通して東西の交流も大切にしたいと思った次第です。

長引くコロナ禍の中で再び暗室に籠り作り上げた新作『Have a Break』は、近年の国内ぶらり旅を集めたものです。この出版が決まった時に、私が東京で主宰しているギャラリー街道のメンバーでもある鈴木さんに、ぜひgallery 176で展示をとお願いしたのですが、まさか東京より先に大阪の展示になるとは思っていませんでした。どうぞ世界のどこよりも早い新作展をお楽しみください。

尾仲浩二

作品説明

1991年発表のデビュー作『背高あわだち草』からずっと続いている国内の旅モノの最新作です。

相変わらずの35mmレンズ一本にネガカラーフィルムを持ってのふらり旅で、今回は7年の間に北海道から沖縄まであちこちでかけています。

写っているモノはどこの土地で撮ってもいいような特別な何かではないのですが、旅先で妙に僕の琴線に触れた例えば街並みであったり、人影だったり、日差しだったり、時には猫だったり。

そんなあれこれを持ち帰り暗室に篭って、好みの色に仕上げたプリントを見ていただきます。

gallery 176での展示に合わせて刊行する同名の写真集もどうぞよろしくお願いします。

尾仲浩二

展示構成

ネガカラープリント 12×16インチ 20点、タイプCプリント 額装

 

会期中の作家在廊予定

作家尾仲さんは、10月2日(土)以外は全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

gallery 176 再開5周年企画「写真展示販売会 #2」

*写真は2018年7月の「写真展示販売会」での会場風景

イベント:gallery 176 再開5周年企画「写真展示販売会 #2」

開催概要

 gallery 176は、2016年9月17日に8人の写真家が共同運営するギャラリーとして再開し、今年2021年9月17日で再開5周年となります。(参考「再開について」)

 この5年間、運営メンバーが年間1〜2本の個展を開催し、ギャラリー企画展、運営メンバー個人企画展、外部ギャラリーとの交流展として、多数の外部作家の方々に展示していただいています。2017年からは、台湾のフォトフェア「TAIWAN PHOTO」への参加をきっかけに、海外のギャラリー、作家との交流展も開催しています。(参考「gallery 176 とは」)

 gallery 176 再開5周年となる2021年9月17日からの4日間、再開5周年企画として、各運営メンバーのインタビュー映像の上映(同時にオンラインでの配信も予定)、作品の展示販売、ポストカード、写真集、冊子等の販売を行う「写真展示販売会 #2」を開催します。

*展示、販売物の詳細については、決まり次第、こちらとSNSでお知らせする予定です。

出展者

友長勇介松原豊布垣昌邦西川善康早川知芳坂東正沙子鈴木郁子木村孝

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年9月17日(金)〜9月20日(月・祝) *会期が通常の展覧会と異なります

休廊日

会期中無休

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176

 

会期中の作家在廊予定

出展者は、会期中交替で在廊予定です。在廊予定は、事前にFacebook、Twitterでお知らせする予定です。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

千賀英俊写真展「HOMI」

展覧会概要

タイトル:「HOMI」

作家名:千賀 英俊

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年8月27日(金)〜9月7日(火)

休廊日

9月1日(水)、2日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

開催概要

千賀さんは現在愛知県田原市在住。元名古屋ビジュアルアーツ写真学科学科長と共に松原の名古屋ビジュアルアーツ非常勤時代の教え子でもあります。「大阪で写真展を開催したい。」ということで何回も打ち合わせをしたのち今回の「HOMI」写真展開催が決まりました。このシリーズを大阪で展示公開するのははじめてとなります。自宅暗室にあるCP51と呼ばれる非常に大きなカラープリント制作プロセッサーで自らの手で作られたアナログカラープリントの美しさと併せてご覧いただければ幸いです。作者が会場在廊予定ですので作品の内容のことや「人」を撮るということ、オリジナルプリントとは何か?ということについて作者本人と是非話しをしていただければと思います。2001年写真専門学校1年生の時にこの撮影地である「保見団地」とそこで暮らす人達と出会ったことが今回のシリーズ「HOMI」の作品をつくる基盤になっています。「時間をかけることだけが能ではない…。」と話す人もいますが、その逆に「時間をかけることでしか見えてこないこともある。」ことも事実のはずです。展示作品を見てもらいながら作品づくりの幹のようなものに写真+作者と出会うことで触れてもらえればと思います。

gallery 176 松原豊

作品説明

日本からブラジルに1908年以降の約100年間の移民事業で13万人の日本人が移住した。親が日本人にルーツを持つブラジル人を日系ブラジル人という。

愛知県の豊田市に多くの日系ブラジル人が住む保見団地という場所がある。

最初に団地に入ったとき外国に迷い込んだような錯覚に陥った。

その中で出会う人々の生命力のある顔に魅かれた。

祖国を離れ日本で何を想い生きるのか?

日本で生まれてきた子供たちの力強い視線の先にあるものは?

子供が施設に入り別々に暮らすことになった母親が言ったことがある。

「ブラジルでは貧しい家庭の子供が路上で生活したり、お金欲しさに銃を持ったりする子供も多い。日本では困ったときに子供が施設で暮らせる。幸せな国だ」

人には生まれた時からそれぞれ逃れられない業のようなものを背負っている。その業とまっすぐ向き合い異国の地で神にに祈り助け合いながら生きていく彼らを知ることで、日本人の自分にも人にとって大切なものを気付かせてくれる。

彼らの存在が、人の生のあり方を国籍、人種を越えて問いかけてくる。

千賀英俊

展示構成

タイプcカラープリント 全紙サイズ 20×24インチ額装 20点予定

 

会期中の作家在廊予定

作家千賀さんは全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

布垣昌邦写真展「洛中洛外観察日記 其の参」

展覧会概要

タイトル:「洛中洛外観察日記 其の参」

作家名:布垣 昌邦

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年8月13日(金)〜8月22日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

8月16日(月)〜19日(木) *休廊日が通常とは異なります(金曜、土曜、日曜のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 布垣昌邦

作品説明

15年前から京都の街を日記を付けるように撮り続けて来て、「この瞬間止めたら面白い写真になるのでは」と思う瞬間にシャッターを切っています。視点としては、人の動きが創り出すフォルムから感じる哀愁の滑稽さを軸とする写真です。求めているのは、被写体との距離を取る事により現れる人のフォルムであったり動きで、「この人ここで何をしているのか?」と疑問を感じた時の単純な写真としての面白さを求めているのかもしれません。

時を経て今改めてその写真を見返して見て思う事は、写っている被写体(人のフォルム)が自分自身を投影しているように感じるようになり、京都の街の創り出す空間に以前居たような感覚になる事が多くなってきた所です。被写体への自己投影とここに居たという既視感(記憶)が京都に脚を向かわせている事に気付かされました。 続けている事で時間を超えてくる写真(見ていて飽きない)とは何か考えさせられます。その結果、北斎漫画に人の動きが創り出すフォルムから感じる哀愁の滑稽さに時間を越えうる可能性があるのではと思い今に到っています。この先もこの作業を持続させていくのですが、その時間をも越える写真とは何か求め続け、京都の街の日常的風景の中で人と空間を撮り続けていきたいです。

展示構成

大四切 モノクロバライタ 20点

 

会期中の作家在廊予定

作家布垣の在廊予定は未定です。決まり次第こちらでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

鈴木郁子写真展「八戸三沢」

「三沢」 ©︎ suzukiikuko

展覧会概要

タイトル:「八戸三沢」

作家名:鈴木 郁子

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年7月30日(金)〜8月8日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

8月2日(月)〜5日(木) *休廊日が通常とは異なります(金曜、土曜、日曜のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 鈴木郁子

作品説明

理由はわからない。わたしは青森が好きだ。とくに八戸から三沢、さらには下北半島に入り尻屋崎・寒立馬の東通村。むつ市街に前泊し恐山に行く。薬研温泉、仏ヶ浦へ向かう道路では1台も車とすれ違わない。あのときの世界の中で自分しかいないような感覚が忘れられないでいる。さらに大間に行けば人気のない海岸の向こうに北海道がみえる。生きている限りいろんなアプローチで青森に行きたい。そう思っていつも地図の上に指を走らせているのだ。

展示構成

カラーネガ タイプCプリント

 

会期中の作家在廊予定

作家鈴木は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

原田健一映像展「夢の中で倫理が生まれる」

展覧会概要

タイトル:「夢の中で倫理が生まれる」

作家名:原田 健一

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年7月17日(土)〜7月27日(火) *会期初日の曜日が通常と異なります

休廊日

7月21日(水)、22日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

開催概要

2003年新潟市にある新潟絵屋という、大正期の町屋を改装した画廊で写真展を開催させていただきました。 この写真展を企画してくれたG&S根雨の石井仁志さんと一緒に会場に来られたのが、当時新潟大学教授で今年3月に退職をされた原田健一さんでした。

原田さんとの会話の中で、原田さんが学生の頃から実験映像を制作されている事を知りました。私も写真を始める前に実験映像に興味があった時期があり、当時イメージフォーラムフェスティバル会場だったキリンプラザ大阪に通い、山崎幹夫監督の作品を観に京都のMETROに行くなどしていたので、原田さんの作品も観たいと思いながら、長い間観れずにいたのですが、昨年1月に新潟市にある砂丘館で開催された原田健一映像展「夢の中で倫理が生まれる」で原田さんの動画作品と写真作品を観る事ができました。

観させいただいて、ぜひ gallery 176 でも展示していただければと、お声をかけさせていただいたところ、快諾していただきました。たくさんの方に、原田さんの写真作品、映像作品を見ていただければと思っております。

gallery 176 友長勇介

作品説明

映像『夢の中で倫理が生まれる』は、1996年アイルランドのアラン諸島の動画と、2019年にいがた島の写真によって構成された複合的な作品であり、プロジェクトです。2020年の現在から1996年のアラン諸島の記憶の夢をたどりつつ、 2019年に写された新潟の映像の記録をつなげる。「ここ」と「あそこ」を架橋しようとする試み。「あそこ」とはアラン諸島のイニシュモア、イニシュマーン、イニシィアの島々であり、「ここ」とは潟だったどこにも存在しない、にいがた島なのです。

「ここ」と「あそこ」、2020年の現在と、1996年の動画の世界をつなげるべく設定された場所は、にいがた島にある砂丘館でした。砂丘館では展示上映会場である蔵で堀川久子が踊り、写された映像との距離を埋めるべく、時にスクリーンをくゆらし、ゆるやかにゆがませ写されたアラン諸島の映像と身体をからませました。映画『夢の中で倫理が生まれる』は、2020年の砂丘館の展示上映空間を写し、そこでのパフォーマンスを記録しつつ、アラン諸島の動画へと移動し、再び、砂丘館の日本家屋での儀礼となり、再び島の映像となる。組み込まれた時間と空間が幾重にも重ねられ、過去と現在、目の前の現実とが複雑に交錯し、映像が創発する新たな時空間を現出させようとします。

原田健一

展示構成

動画『夢の中で倫理が生まれる』 63分
写真 A3のび(カラー、インクジェット)40枚 
A0版(カラー、インクジェット)3枚 他

 

会期中の作家在廊予定

作家原田さんの在廊日は土曜、日曜に変更いたしました。申し訳ございません。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

波多野祐貴写真展「undercurrent」

© YUKI Hatano

展覧会概要

タイトル:「undercurrent」

作家名:波多野 祐貴

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年6月19日(土)〜6月27日(日) 7月11日(日) *会期延長/通常と会期初日と最終日の曜日が異なります

休廊日

月曜〜金曜 *通常と休廊日が異なります(土日のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00 *7月4日(日)のみ 16:00〜19:00

企画

gallery 176 波多野祐貴

作品説明

昨年からある小さな池のことが気になるようになり、たびたび歩いて訪れた。
郊外にありがちな住宅街を通り抜け、くたびれた団地を横目に坂道を登ると、
山の入口に差し掛かる。急な階段を登りきると目の前に千年以上続く神社が現れ、
さらに進んだ境内の奥の仄暗く湿った場所に、ようやくその池はある。
隠されるために存在しているような池は、誰かの秘密の場所のようにも思えた。

木々の葉から零れ落ちる光の密度。昨日降った雨が川に還る勢い。光を吸収する月蝕の時。
一つとして同じ条件のない空間のもとで、池は訪れるたびに姿を変える。
その総てや、現象を剥いだ実体を、写真機は捉えないと分かっていながら
自らイメージに翻弄されたその過程を展示でなぞらえてみる。
見ることばかりに囚われた撮影者が、同時に見られる存在でもあることに気づくとき、
両者のあいだに横たわる境界への問いヘ繋がっていく。

展示構成

インクジェットプリント他

 

会期中の作家在廊予定

作家波多野は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

早川知芳写真展「静かの海 Ritual」

展覧会概要

タイトル:「静かの海 Ritual」

作家名:早川 知芳

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年6月4日(金)〜6月15日(火)

休廊日

6月9日(水)、10日(木) *作家都合による臨時休廊がある可能性があります。その場合はギャラリーSNS等でお知らせいたします。

開廊時間

13:00〜19:00 

企画

gallery 176 早川知芳

作品説明

荒涼とした原始が剥き出しの、冬の荒れた海に対峙する釣人のドキュメント「静かの海 Mare Tranquillitatis」展(2018年)の続編「静かの海 Ritual」。

冬の紀伊半島の荒れた磯に立ち、海に対峙し、魚を追う釣人のドキュメント。

前回の展示では釣人とその環境を客観的に捉え、その世界観の構築を目指しました。
今回の展示は、前回のコンセプトを踏襲しながらも、釣人の視ている風景を基に構成し、彼らが何故そこまでして魚を追うのか?何故そこまでして荒れた海に対峙し続けるのか?を考察します。
趣味や娯楽、或いは生活のための職漁師の範疇では捉える事のできない彼ら釣人は、社会との関わりを断ち、絶対的に救済の無い世界に於いて永遠に「祭祀−Ritual」を続けている存在であると感じずにはいられません。そして、魚を釣るという目的や行為は方便に過ぎず、その実は救済の無い世界を生きることへの抗いではないのかとも思わずにはいられません。贖罪と抗い、理性と感情、それらの相剋を彷徨い続ける釣人。
海と陸との境界、その断崖の淵を歩き続ける釣人の見つめる世界の先にあるものとは何か?
だが、未だ海は沈黙したままで、釣人の眼前に広がる世界は「静かの海」でありつづけている。

展示構成

カラー・モノクロ混合、大型インクジェットプリントによる展示構成。展示点数12点を予定。

 

会期中の作家在廊予定

作家早川は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

杉浦正和写真展「迷幻街」

展覧会概要

タイトル:「迷幻街」

作家名:杉浦 正和

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2021年5月21日(金)〜6月1日(火)

休廊日

5月26日(水)、27日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

開催概要

杉浦さんとの出会いは、2005年に尼崎市で開催された「写真家井上青龍回顧展 : 眼差しの軌跡1931-1988」の、森山大道さん、猪瀬光さんのトークイベント後の酒席でした。

それから16年、他人の評価など気にせず、自分が作りたい作品をぶれることなく作り続ける杉浦さんの姿を見てきました。

いつかgallery 176で杉浦さんの写真展を開催できればと考えていたのですが、今回、杉浦さんの許可をいただき写真展を開催することになりました。

写真展期間中は終日杉浦さんが在廊されますので、皆さんぜひ会場にお越しいただければと思います。

gallery 176 友長勇介

作品説明

今回の展示は2019年〜2020年に撮影したベトナムの夜の路上スナップです。

18歳の頃からカメラを持って旅に出ることを始めて、40数年経った今でも同じように出かけています。

記憶は、時とともに薄れてきていますが、今のベトナムの街の醸し出す空気感は、賑わっていた子供の頃や、旅を始めた20代、何処へ行くにもまず格安旅券を買うために訪れた当時のタバンコクにもよく似ています。

人口の60%が30歳以下という若さで、街は昭和の日本のように混沌として、活気があり、徘徊するだけで胸が躍ります。

そこで、外界との接触をカメラで仲介し、時間が経つのを忘れるほど夢中になり、感情の奴隷になった時に、生きているという実感が湧き出てきます。

杉浦正和

展示構成

2018年〜2020年(ヴェトナム) 路上スナップ、ピグメントプリント、329㎜×483㎜

 

会期中の作家在廊予定

作家杉浦さんは全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら