展覧会概要

タイトル:「知立」

作家名:松原 豊

会期

2020年6月5日(金)〜6月14日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

6月8日(月)〜11日(木) *通常と休廊日が異なります

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

作品説明

私が愛知県知立市に演劇の記録撮影のためはじめて訪れたのが2013年。駅前では再開発が緩やかにはじまっていた。「まもなく無くなる風景だな」と少し意識しながら1年間ほど主に駅前での撮影を進めた。酒を呑むために入ったスナック「函館」では北島サブちゃんの肖像画が飾ってあった。初めて入ったその店で私は調子にのりカラオケを歌い呑んだ。そして酔った。あれから7年ほどの月日が流れ電車越しに見る駅前の風景は随分と変わっていた。

展示構成

インクジェットカラー作品、撮影年 2013年

関連展示

2020 Spring Photo Exhibition 松原豊写真展「知立」

会場:gallery0369|514-2113 三重県津市美里町三郷369番地
会期:2020年4月10日(金)~13日(月)、17日(金)~20日(月)
開廊時間:13:00〜18:00

 

会期中の作家在廊予定

作家松原は全日在廊予定です。在廊予定が確定後、Facebook、Twitterでお知らせします。

関連商品

写真展会場では冊子「知立」を販売いたします。

≫ 冊子・知立案内ページ

冊子・知立

著者:松原 豊
アートディレクション:橋本純司
発行:Hibicore出版

判型:257×182ミリ B5版
製本:カバー無し 無線綴じ 32ページ
表紙:サテン金藤 180kg 消銀箔押
本文:サテン金藤 110kg
Yutaka Matsubara 2013 Printed in Japan
ISBN978-4-9904039-2-8

定価:本体 1,200円+税(会期中は税込¥1,200で販売)
販売:橋本デザイン室

冊子「知立」案内文抜粋

2013年5月、演劇広報用撮影をするためにはじめて「知立」を訪れ
それからおよそ1年間ほど通うことになった。
再開発の進む名鉄の駅周辺および近郊を歩いた。
駅周辺ではひんばんに踏切が鳴っていて電車の通過音がしていた。
駅前の居酒屋のおばさんは「もう明後日が店じまいなの。」と話してくれた。慌てて撮影の約束をした。夜のスナックには北海道を故郷にする人達が集まっていた。
数年後この写真に写っている光景 はほとんど見ることができなくなっているだろう。地方都市と呼ばれる「まち」の風景がここに在る。

松原 豊

プロフィール

松原 豊(まつばら ゆたか)

三重県津市在住、写真家、gallery0369(三重県津市美里町)主宰
専門学校名古屋ビジュアルアーツ卒業、
公益社団法人日本写真家協会会員、写真好学研究所所長
2011年 写真集「村の記憶」(月兎舎)発刊
2011年 写真展「村の記憶」(新宿、大阪ニコンサロン)
2012年 三重県津市文化奨励賞受賞
2012年 共著・写真集「生きる」 – 東日本大震災から1年 – (公益社団法人日本写真家協会編)
2013年 第62回伊勢神宮式年遷宮記録写真担当(御遷宮対策委員会)
2014年 日本のランドスケープを様々な視線で捉えた新しい写真グループNODEに参加
2015年 写真展「三重の銭湯」(Gallery Volvox、三重県津市)
2015年 共著・「伊勢神宮とはなにか日本の神は海からやってきた」(集英社ビジュアル新書、撮影担当)
2016年 写真好学研究所開設(三重県津市)
2016年 gallery0369開設(三重県津市)
2019年 1839當代藝廊(台湾台北市)にてLocal public bath “Sento”初海外個展開催
他個展、グループ展多数開催。
2020年7月 TOTEM POLE PHOTO GALLERY(新宿)にてLocal public bath “Sento”写真展開催予定

三重と大阪を往復しながら写真活動を進めています。

https://www.matsubara-yutaka.com