©︎ Yusuke Tomonaga

展覧会概要

タイトル:「沖縄」

作家名:友長 勇介

会期

2019年6月21日(金)〜7月2日(火)

休廊日

6月26日(水)、27日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介

作品説明

私が初めて沖縄を意識したのが、原一男監督の「極私的エロス・恋歌1974」に出演している武田美由紀がコザの街を歩く粗いモノクローム映像を見た時です。

それから10年、写真家東松照明の沖縄の作品に出会い、カメラを持って沖縄に向かいました。

2002年から2007年まで毎年沖縄へ通い撮影した作品です。

展示構成

ゼラチンシルバープリント 25点

 

会期中の作家在廊予定

作家友長の在廊予定は、決まり次第Facebookでお知らせします。

プロフィール

友長 勇介(ともなが ゆうすけ)

略歴

1972年 大阪生まれ
1994年 中国北京電影学院漢語科修了
1996-97年 疾走プロダクション、映画監督原一男作品「映画監督浦山桐郎の肖像」(放送文化基金賞優秀賞)に助監督として参加
1998-99年 (株)サウンドデザインユルタ 録音技師弦巻裕、滝澤修の録音助手
2000年 東京工芸大学芸術別科写真専攻修了
2000年 ワークショップ「コルプス」16期参加
2001年 インターメディウム研究所修了
2005年 写真専門ギャラリー「Gallery176」オープン
2010年 映画「マジック&ロス」(主演杉野希妃、監督リム•カーワイ)スチール担当
2011年 映画「新世界の夜明け」(監督リムカーワイ)プロデューサー担当
2012年 映画「恋するミナミ」(監督リムカーワイ)ラインプロデューサー担当
2016年 写真専門ギャラリー「gallery 176」再オープン

個展

2000年 コニカフォト・プレミオ「北京溶解」コニカプラザ(東京)
2006年「北京溶解」クレフテ(大阪)
2007年「沖縄島」gallery la galerie(大阪)
2008年「複眼凝視」HANARE(兵庫)

グループ展

2000年「からだの学校・コルプス16期展」the deep(渋谷)
2001年 第17回3.3坪(ひとつぼ)展「終焉」ガーディアン・ガーデン(東京)
2006年「new visions of japanese photography」展 巣雅gallery (上海)
2008年「@hitotsubo.jp」ガーディアン・ガーデン(東京)
2009年「この壁を飾るのは誰、この台上を埋めるのは君」展 ワセダギャラリー(東京)
2010年「占領期雑誌フォトスvs現代若者の眼力(めぢから)」展 早稲田大学(東京)
2012年「私たちは、写真で、未来に、何を残せるのか?」 砂丘館(新潟)
2013年「Landscape of Particle 粒子の景色」展 新潟絵屋(企画石井仁志)(新潟)
受賞
1999年 東京工芸大学フォックス・タルボット賞佳作
2000年 東京工芸大学芸術別科優秀賞

コレクション

東京工芸大学写大ギャラリー/清里フォトアートミュージアム/上海視覚芸術大学/延辺大学芸術学院

プレスリリース