「マチハニワ」2019-2023
左より オリジナルJPEG-冊子初版-2021年展示-冊子第2版-2023年展示
© NISHIKAWA Yoshiyasu

展示+ワークショップ概要

*今回はワークショップがメインのため、簡易的な展示になります。

タイトル:「output x output」

作家名:西川 善康

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2024年4月27日(土)〜4月29日(月・祝)

*通常と会期初日・最終日の曜日が異なります/土曜、日曜、月曜のみ3日間の開催

休廊日

会期中無休

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 西川善康

機材協力

galerie SPUR 高林直澄

展示概要

 デジタルプリントによる写真作品制作では、撮影データのRAW現像、出力方法(プリンター)の選択、使用する用紙の選択と、多種多様な「output」の方法の組み合わせで作品を仕上げていきます。

 今回は、展示空間で、同じ撮影データを異なるRAW現像、異なった用紙で仕上げたプリントを展示し、それぞれの違いを観ていただきます。また、会場の照明も、壁面と昼白色(色温度5000K相当)、電球色(色温度3000K相当)と違った色味のランプを使い、照明による違いもご覧いただけます。

 また、会期中、会場にて実際にプリントをしていただくワークショップも開催します。

ワークショップ開催詳細

作品制作および展示を目標とした、デジタルプリント制作のワークショップを開催します。ご持参いただいた写真データ(RAWファイル)を、作品展示を前提としたRAW現像を行い、作品に適した用紙を選び、実際のギャラリー壁面で仮展示(クリップで展示)し、仕上がりを確認します。

*ワークショップは1対1ですので、デジタルプリント以外に、カメラの使い方、パソコンの使い方、展示方法などのご相談でも大丈夫です。お気軽にお問い合わせください。

開催日

2024年4月27日(土)、28日(日)、29日(月・祝)

開催時間

13:00〜/14:30〜/16:00〜/17:30〜

ワークショップで使用するソフト、機材
  • Adobe Lightroom Classic(事前にご自身のパソコンにインストールしてください。体験版でも可)
  • キャリブレーションセンサー i1Display Pro
  • プリンター EPSON SC-PX3V
  • 用紙 ピクトラン、ハーネミューレ、イルフォード、ピクトリコなど(予定)
ご用意いただくもの

写真データ(RAWファイル)、ノートパソコン、パソコンの電源アダプタ、プリント持ち帰り用のファイル(A4 または A3)

*電源、WiFi環境はこちらでご用意します。

*ご使用のパソコンがデスクトップ等で持参が難しい場合は、RAWファイルをUSBメモリ、またはSDカードにコピーして持参してください。

参加費

3,000円(税込)/A4プリント1枚込み *参加当日会場にてお支払い

*プリント追加料金 A4プリント 500円〜/A3(またはA3ノビ)1,000円〜(用紙によって料金が異なります)

定員

各回1名(約60分)

講師

西川善康(gallery 176運営メンバー)

申し込み方法

Googleフォームからお申し込みください。

*フォームの選択肢に無い日時は、お申し込み済みです。空き日時のみ選択肢に挙げています。

≫ ワークショップ参加申し込みフォーム

上記フォームから送信できない場合は、 info@null176.photos までメールでお申し込みください。件名「西川ワークショップ申し込み」とし、お名前、お電話番号、メールアドレス、ご希望の日時(第一希望、第二希望)を記入してお送りください。

講師プロフィール

西川 善康(にしかわ よしやす)

gallery 176 運営メンバー
デザイナー、写真家
京都芸術大学(旧 京都造形芸術大学)非常勤講師

≫プロフィール詳細は「運営メンバー紹介:西川善康」をご覧ください。

webサイト

https://mitikusa.net