gallery 176の感染防止対策に関して

 

 写真展を開催するにあたっては、お客様をはじめ、展示作家、ギャラリー運営関係者の健康に配慮し、以下の感染防止対策を行います。

 

ご来廊に関して

  • ご来廊の際は、マスクの着用をお願いします。
  • ギャラリー2階入口にて、手指消毒用の消毒液をご用意しておりますのでご利用ください。
  • 発熱や咳、咽頭痛、だるさや息苦しさなどの症状があるお客様は、来廊をご遠慮ください。

ご連絡先記入に関して

  • イベント・懇親会開催時は、参加者を把握するため、ご連絡先(氏名、電話番号、メールアドレス)の記入をお願いします。

ギャラリーの環境、運営に関して

  • 筆記用具、手すり等は、定期的に除菌しています。また、来廊者のトイレのご利用は中止させていただいています。ご了承ください。
  • ギャラリー在廊担当(展示作家、またはギャラリースタッフ)は、健康管理、手洗いや消毒、マスクの着用を行っています。

 

  皆様にはご不便をおかけいたしますが、何卒ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いします。ご来廊を心よりお待ちしております。

 

 2022年12月1日

gallery 176

山下豊プレワークショップ

イベント:山下豊プレワークショップ

*今回はイベントのため、写真の展示はありません。

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)
大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

開催日

2022年10月16日(日)

開催時間

13:00〜14:00
14:00〜15:00
15:00〜16:00
16:00〜17:00
17:00〜18:00
18:00〜19:00

企画

gallery 176 山下豊

開催内容

写真で個展を開催できるようになることを目的にみなさんの写真を見ながら作品制作のお手伝いをします。ワークショップは1回だけでなく、続けて写真を見せていただき、みなさんと一緒に作品を作り上げていきたいと思います。まずは気楽に参加をしてください。

*今後開催予定の「山下豊ワークショップ」のプレワークショップです。

ご用意していただくもの

作品(できるだけ沢山)

参加費

1,000円(税込)/1時間(お試し価格)

定員

各回1名(1時間)、計5名

講師

山下 豊

申込み方法

info@null176.photos 宛に、件名を「山下宛 プレワークショップ申込み」として、本文にお名前、年齢、性別、希望時間、連絡先(電話番号、メールアドレスなど)をご記入の上、お送りください。

» 続きはこちら

川上讓治写真展「すとりっぷ小屋発 【裸的群像伝】1976-2005」

展覧会概要

タイトル:「すとりっぷ小屋発 【裸的群像伝】1976-2005」

作家名:川上 讓治

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年12月3日(土)〜12月11日(日) *会期の初日・最終日の曜日が通常と異なります

休廊日

12月5日(月)〜9日(金) *休廊日の曜日が通常と異なります/土日のみ開催

開廊時間

13:00〜19:00 *映像上映中は写真の展示がご覧いただけません

企画

gallery 176 友長勇介

開催概要

川上讓治さんのことは、色々な方から聞いていたのですが、なかなかお会いできずにいたところ、ある方から「川上さんが制作した映画を上映しませんか?」というお話をいただき、2018年11月にgallery 176で上映をする事になりました。上映した映像作品の中に1981年公開された「ザ・ストリッパー堕ちて藍」という映画がありました。

劇作家で「新転位・21」代表の山崎哲さんと、テレビ朝日「報道ステーション」のディレクターなどテレビの世界で活躍され、現在は「シネマハウス大塚」という映画館の館長をされている後藤和夫さんのお二人が監督をされ、撮影は岩井俊二監督の「スワロウテイル」や、行定勲監督の「世界の中心で、愛をさけぶ」で撮影監督をされた篠田昇さん、制作に作家の伊藤裕作さんという、才能溢れた人達が川上さんの元に集まり、この作品を作り上げたという事を知り、このような方々を惹きつける川上さんとはどういう人なんだろうか?という思いが膨らみました。

gallery 176での上映会の前に、川上さんが大阪・釜ヶ崎を撮影された作品がゴールデン街で展示されると聞き見に行きました。そこで展示されているモノクロで撮影された釜ヶ崎の写真を見て、映画上映だけでなく、川上さんの写真作品をgallery 176でも展示してほしいと思ったのが4年前で、今回やっと実現する事になりました。

今回の展示はゴールデン街で展示された釜ヶ崎の写真ではなく、川上さんが長い時間関わって来られたストリップ劇場を舞台にした写真作品になります。

開催は12/3(土)、12/4(日)、12/10(土)12/11(日)と短い開催となりますが、写真作品の他に、川上さんが制作されたストリップ公演の記録映画なども上映されますので、こちらも見ていただければと思います。期間中は川上さんご本人が終日会場に在廊していますので、是非お越しになられて、直接川上さんとお話していただければと思います。よろしくお願いいたします。

最後に、2018年にgallery 176で川上さんの映画上映を企画していただいた西埜隆文さんに感謝申し上げます。西埜さんのおかげで、川上さんと知り合う事ができ、今回の写真展開催につながりました。 本当にありがとうございました。

gallery 176 友長勇介

作品説明

裸的群像伝」1976-2005
~極私的写真的記憶~

私は1976年に大阪芸術大学芸術学部写真学科を4回生前期にて中途途退して上京した。

翌年、新宿にあったストリップ小屋「モダンアート劇場」の照明係としてこの業界に飛び込んだ。

そして興行師としての人生に区切りをつけ、郷里の島根県浜田市に帰ったのが2007年です。

その間、私とストリップ小屋を通過していった者達の「残像」を写真にとどめてもきた。

熱い思いで疾走した時代、ストリップ小屋に愛をこめて振り返って見た極私的な写真と映像展です。

川上讓治

展示構成

モノクロ写真 約40点

 

会期中の作家在廊予定

作家川上さんは、全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

藤原更展「Melting Petals」

藤原更写真集red_bookimage

展覧会概要

タイトル:「Melting Petals」

作家名:藤原 更

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年12月16日(金)〜12月25日(日) *会期最終日の曜日が通常と異なります

休廊日

12月19日(月)〜22日(木) *休廊日の曜日が通常と異なります/金土日のみ開催

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

開催概要

藤原更は松原が専門学校名古屋ビジュアルアーツの非常勤を担当していた時の教え子。その活躍は海外での展示を含めかなりフィジカルな活動を現在進行形で行っています。数年前から「作品集を発刊します。」と話してくれていて出版の目処が立ちましたと先日連絡を受け取りました。その作品集出版に併せて出版記念展を開催致します。造本は町口覚氏が担当。内容と質は密度の濃いものとなっています。藤原更の世界観を写真集=アートブックの手触りと共に作品展でも触れていただければと思います。

gallery 176 松原豊

作品説明

藤原更が15年に渡り撮影を続ける芥子の花のシリーズ “MeltingPetals”。

gallery 176では『Melting Petals』出版を記念して、藤原更の展覧会を開催いたします。

造本家・町口覚氏の手による今回のART BOOK は、藤原更の世界観をより拡大させる仕上がりとなりました。

本シリーズは、自身の展覧会で南フランスを訪れた際、視界一面に広がる雛芥子畑で撮影が始まりました。藤原従来の作品の大胆な構図や色彩に加え、撮影からプリントまでのタイムラグにより起こる記憶の曖昧さに着目をし制作が進められました。記憶が抜け落ち消失する様は、2013年から始めた藤原独自の「剥離技法」により表現され、その手法は深化を続けています。

本展では2007年撮影の『Melting Petals』最初期作品から、これまでに制作された作品で会場構成いたします。

展示構成

1200x832x30mm Pigment print with Acrylic mountなどで構成予定

 

会期中の作家在廊予定

作家藤原さんは、全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

姜美善写真展「事実の選択」

©︎ GANG Misun

展覧会概要

TOTEM POLE PHOTO GALLERY × gallery 176 交流展

タイトル:「事実の選択」

作家名:姜美善(カン・ミソン)

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年11月18日(金)〜11月29日(火)

休廊日

11月23日(水・祝)、24日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 早川知芳

展示概要

TOTEM POLE PHOTO GALLERY × gallery 176交流展企画第六弾 姜美善(カン・ミソン)写真展「事実の選択」を開催します。

姜美善(カン・ミソン)さんは韓国出身。来日し東京ビジュアルアーツ卒業後、現在 TOTEM POLE PHOTO Gallery のメンバーとして活動されています。
今回の写真展「事実の選択」は、美善さんが日本各地の空襲跡を巡り、その今を丁寧に撮影されたシリーズの中から大阪を撮影したものを中心に展示します。太平洋戦争末期、日本各地でアメリカ軍による空襲が頻発し、多くの人々が犠牲となり、広島と長崎においては原子爆弾投下という更なる悲劇を経て日本が敗戦を迎えた事を、来日するまで広島と長崎の惨劇以外知らなかった美善さん。空襲の事実を知った美善さんはカメラを持ち各地の空襲のあった場所を訪ね撮影することを始めます。空襲のあった現場に立ち、時にそこで出会った人達と交流をしながら撮影された精緻な写真群は、徹底した客観的視座から「過去の出来事」をただトレースでしただけではないリアルな「事実」を映し出しているように感じられます。空襲は既に過去のものとなり風化され日常で顧みることも薄れた私達に、美善さんの写真は何を伝えるのか?

日韓(韓日)の近現代史において、決して友好かつ幸福ではなかった両国の歴史と関係。現在も両国間には数々の問題が横たわり緊張した関係が続いている中で、互いを知ることの重要性を美善さんの写真から考えさせられたような気がします。主張を声高に言うのではなく、客観的かつ冷静な視座で「事実の選択」を撮り続ける美善さんの写真は、その事を観る人へ静かに問いかけているのではないでしょうか。
是非ご高覧ください。

gallery 176 早川知芳

作品説明

いくつかの学校があり、学生も多いこの街にある長閑な公園。

あの時、この街で生きていた人々が戦時中、自らの国で、いつ飛んでくるかわからない空襲の下で生きながらに苦しみながら、それすらも気づかないまま消えて共に暮らしていた隣人たちと共に、一握りの灰となってしばらく眠っていた。

消えていった住処、消えていった街人たちについては公園の一角の慰霊碑に書かれ確かにここにあったことを伝えている。

過ぎ去った時間を記憶すること、その場所の記憶を保つことは今を生きる人々には無意味かもしれない。 しかし、その記憶を、その歴史を知ってしまえばもう無意味なことにはならない。

姜美善

展示構成

カラーピグメントプリント 14 ×17inch  20点

 

会期中の作家在廊予定

作家姜美善さんの在廊予定は現在調整中です。決定次第、こちらのページ、facebook、twitter、Instagram等でお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

木村孝写真展「泳ぐセミ」

展覧会概要

タイトル:「泳ぐセミ」

作家名:木村 孝

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年11月4日(金)〜11月13日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

11月9日(水)、11月10日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 木村孝

作品説明

川面にセミを見た。あしを動かし、泳いでいた。
ふと、思った。セミは泳ぐのだろうか。
そんなセミは、いなかったのかもしれない。
うつした影をさかのぼってみる。

二年前に泳ぐセミを見た川へ、今年の夏、再び訪れました。
川は変わらずあるようにも見えますが、少なからず水の流れなどは私の記憶とは異なっているように感じました。

2020年に制作の「泳ぐセミ」をベースに今年撮影したものを加えて、目にすること、見ること、認識すること、そして時が経つことなどについて考えながら構成して展示します。

展示構成

インクジェットプリント

 

会期中の作家在廊予定

作家木村は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

山下豊写真展「439 ROUTE2」

展覧会概要

タイトル:「439 ROUTE2」

作家名:山下 豊

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年10月21日(金)〜11月1日(火)

休廊日

10月26日(水)、27日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

山下豊

作品説明

 国道439号線は、別名「酷道ヨサク」と呼ばれ、徳島県徳島市から四国の中央部を横断して高知県四万十市まで347kmの道のりがあり、実態は一部の他国道との重複区間や改良区間を除く大部分の区間が、対面通行不可能な隘路(あいろ)区間が多い。酷道の代名詞として知られている。私は、この道に偶然出会い、後日放送されたテレビ番組を見て、私ならこの道で何に出会い、何を知ることができるか確かめたくなって、気づけば旅の計画を立てていた。

 ROUTE2では、高知県長岡郡大豊町穴内から高知県吾川郡仁淀川町長者で出逢った人や景色を撮影した。私は、人がこの道を通してどのように関わっているのか。また道がどのように人と関わってきたのかを見ている。

≫ 山下豊写真展「439 ROUTE1」

展示構成

写真(14×17) 28点展示

 

会期中の作家在廊予定

作家山下は、全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

坂東正沙子写真展「成」

展覧会概要

タイトル:「成」

作家名:坂東 正沙子

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年9月23日(金・祝)〜10月2日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

9月26日(月)〜29日(木) *通常と休廊日が異なります

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 坂東正沙子

開催概要

4月にニコンサロンで展示しました「成」を開催致します。

この作品は2018年から2021年の西成あいりん地区を撮影したものです。日雇い労働者の街から観光地へと変わりつつある中で、かろうじて残存する街と人の姿を記録しました。これから西成がどうなってゆくのか、ここに生きる人々はどうなるのか。

展示をきっかけに実際に西成へ足を運んでいただけると幸いです。

作品説明

かつては暴動が絶えず、激しい街だった西成は新たな時代へと向かっている。
インバウンド需要やリゾート化、再開発によりドヤ街は綺麗に整備されつつある。
それによりここで暮らす労働者や貧困層は今でさえ行き場を奪われている上に、観光地として認知されれば安宿もなくなり野宿もできなくなる可能性がある。
私は学生の頃に初めてこの地を訪れ、ぼろぼろになりながらも生きていくたくましい姿、弱さや優しさ、不器用さが滲み出た人間臭さに強く惹かれた。
そして何度も通った。
生きるということを彼らから学んだ気がした。

皆それぞれの人生を背負い、ここへ流れ着く。
新参者もひと月もすれば肌は黒くなり薄汚れ、次第に佇まいも街に同化していく。
そこら中に生活の残骸が散らばり、混ざり合う様々な匂い。
時折聞こえてくる怒号や酒を囲んだ大勢の陽気な声。
彼らの存在が独特なこの街の雰囲気を成り立たせていた。
街が彼らを染めてゆき、彼らがまた街を形成する。
何十年と続いた相互関係が完全に切り離された時、両者はどうなってしまうのだろう。

労働者は減り、静かで平凡な日々が続いている。
退屈とも言える転換期だが、そこにも様々な生活や息遣いがある。
いずれ消えてしまうかもしれない今の姿を、この隙間の時代を私は保存したいと思った。

展示構成

インクジェットプリント

 

会期中の作家在廊予定

作家坂東は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

友長勇介・西川善康写真展「input x output」

展覧会概要

タイトル:「input x output」

作家名:友長 勇介、西川 善康

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年8月19日(金)〜8月30日(火)、9月9日(金)〜9月20日(火) *会期を追加(延長)しました

休廊日

8月24日(水)、8月25日(木)、9月14日(水)、9月15日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介、西川善康

展示概要

 友長は、通常、モノクロフィルムで撮影し、暗室でプリント作業を行って作品を仕上げています。これに対し、西川は、デジタルカメラで撮影し、パソコンでRAW現像を行い、インクジェットプリンターでカラー作品を制作しています。

 今回、この二人が撮影方法(input=入力)を入れ替え(eXchange=交換)、お互いが撮影したフィルム、データから、自分の解釈で作品を選び、自分なりの制作方法で作品を仕上げる(output=出力)試みを行います。友長がデジタルカメラで撮影したデータを西川が受け取り、インクジェットプリンターで作品を仕上げ、西川がフィルムカメラで撮影したモノクロフィルムを友長が受け取り、モノクロプリントとして作品を仕上げます。

 果たして、出来上がった作品は、撮影者の意図したものに仕上がるのでしょうか。それとも、全く異なる作品として仕上がるのでしょうか。

展示構成

会期前半:archival pigment print(インクジェットプリント)A3 9点、ゼラチンシルバープリント 11×14 9点

会期後半:archival pigment print(インクジェットプリント)A3 9点+A4 11点、ゼラチンシルバープリント 11×14 9点

*会期後半(9月9日〜20日)は、作品を入れ替え(18点中17点入れ替え)、追加(11点追加)しています。会期前半(8月19日〜30日)の作品は、プリントを手に取ってご覧いただけます。また、会期前半の作品を納めた冊子を会場で販売しています。

 

会期中の作家在廊予定

作家友長・西川は交替で全日在廊予定です(主に友長が日月火、西川が金土日に在廊予定)。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

gallery 176 写真相談会

イベント:gallery 176 写真相談会

*今回はイベントのため、写真の展示はありません。

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

開催日

2022年9月4日(日)

開催時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 早川知芳

開催概要

gallery 176 メンバーによる写真相談会です。相談内容は写真に関する事(作品制作に関する事・展示の方法に関する事・その他写真に関した相談)です。

開催内容

gallery 176では、主に作家志向の方へ向けた「写真を観る会」というポートフォリオレビューを定期的に開催しています。どちらかと言えばある程度方向性を持たれたシリアスな作家志向あるいは作家志望の方の参加が主で、レビュー自体も参加者一人に付き1時間じっくり行うという内容です。 今回初の試みとなる「写真相談会」は、写真を観る会への参加はちょっと敷居が高いな・・・という方へ向けた相談イベントです。

  • 「写真を観る会」への参加準備として相談したい
  • 写真は撮ってはいるけれどもイマイチ何を撮りたいのかわからない
  • 個展開催やグループ展に参加したいけれどもどうしていいのかわからない
  • その他写真に関する相談(内容によっては対応できない場合もあります)

など、写真に関する相談を受け付けます(今回は作品のレビューや批評は原則行いません)。 当日はgallery 176 メンバー数人が待機し相談内容に応じて個別に対応します。

» 続きはこちら