木村孝写真展「泳ぐセミ」

展覧会概要

タイトル:「泳ぐセミ」

作家名:木村 孝

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年11月4日(金)〜11月13日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

11月9日(水)、11月10日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 木村孝

作品説明

川面にセミを見た。あしを動かし、泳いでいた。
ふと、思った。セミは泳ぐのだろうか。
そんなセミは、いなかったのかもしれない。
うつした影をさかのぼってみる。

二年前に泳ぐセミを見た川へ、今年の夏、再び訪れました。
川は変わらずあるようにも見えますが、少なからず水の流れなどは私の記憶とは異なっているように感じました。

2020年に制作の「泳ぐセミ」をベースに今年撮影したものを加えて、目にすること、見ること、認識すること、そして時が経つことなどについて考えながら構成して展示します。

展示構成

インクジェットプリント

 

会期中の作家在廊予定

作家木村は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

山下豊写真展「439 ROUTE2」

展覧会概要

タイトル:「439 ROUTE2」

作家名:山下 豊

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年10月21日(金)〜11月1日(火)

休廊日

10月26日(水)、27日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

山下豊

作品説明

 国道439号線は、別名「酷道ヨサク」と呼ばれ、徳島県徳島市から四国の中央部を横断して高知県四万十市まで347kmの道のりがあり、実態は一部の他国道との重複区間や改良区間を除く大部分の区間が、対面通行不可能な隘路(あいろ)区間が多い。酷道の代名詞として知られている。私は、この道に偶然出会い、後日放送されたテレビ番組を見て、私ならこの道で何に出会い、何を知ることができるか確かめたくなって、気づけば旅の計画を立てていた。

 ROUTE2では、高知県長岡郡大豊町穴内から高知県吾川郡仁淀川町長者で出逢った人や景色を撮影した。私は、人がこの道を通してどのように関わっているのか。また道がどのように人と関わってきたのかを見ている。

≫ 山下豊写真展「439 ROUTE1」

展示構成

写真(14×17) 28点展示

 

会期中の作家在廊予定

作家山下は、全日在廊予定です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

坂東正沙子写真展「成」

展覧会概要

タイトル:「成」

作家名:坂東 正沙子

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年9月23日(金・祝)〜10月2日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

9月26日(月)〜29日(木) *通常と休廊日が異なります

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 坂東正沙子

開催概要

4月にニコンサロンで展示しました「成」を開催致します。

この作品は2018年から2021年の西成あいりん地区を撮影したものです。日雇い労働者の街から観光地へと変わりつつある中で、かろうじて残存する街と人の姿を記録しました。これから西成がどうなってゆくのか、ここに生きる人々はどうなるのか。

展示をきっかけに実際に西成へ足を運んでいただけると幸いです。

作品説明

かつては暴動が絶えず、激しい街だった西成は新たな時代へと向かっている。
インバウンド需要やリゾート化、再開発によりドヤ街は綺麗に整備されつつある。
それによりここで暮らす労働者や貧困層は今でさえ行き場を奪われている上に、観光地として認知されれば安宿もなくなり野宿もできなくなる可能性がある。
私は学生の頃に初めてこの地を訪れ、ぼろぼろになりながらも生きていくたくましい姿、弱さや優しさ、不器用さが滲み出た人間臭さに強く惹かれた。
そして何度も通った。
生きるということを彼らから学んだ気がした。

皆それぞれの人生を背負い、ここへ流れ着く。
新参者もひと月もすれば肌は黒くなり薄汚れ、次第に佇まいも街に同化していく。
そこら中に生活の残骸が散らばり、混ざり合う様々な匂い。
時折聞こえてくる怒号や酒を囲んだ大勢の陽気な声。
彼らの存在が独特なこの街の雰囲気を成り立たせていた。
街が彼らを染めてゆき、彼らがまた街を形成する。
何十年と続いた相互関係が完全に切り離された時、両者はどうなってしまうのだろう。

労働者は減り、静かで平凡な日々が続いている。
退屈とも言える転換期だが、そこにも様々な生活や息遣いがある。
いずれ消えてしまうかもしれない今の姿を、この隙間の時代を私は保存したいと思った。

展示構成

インクジェットプリント

 

会期中の作家在廊予定

作家坂東は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

友長勇介・西川善康写真展「input x output」

展覧会概要

タイトル:「input x output」

作家名:友長 勇介、西川 善康

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年8月19日(金)〜8月30日(火)、9月9日(金)〜9月20日(火) *会期を追加(延長)しました

休廊日

8月24日(水)、8月25日(木)、9月14日(水)、9月15日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 友長勇介、西川善康

展示概要

 友長は、通常、モノクロフィルムで撮影し、暗室でプリント作業を行って作品を仕上げています。これに対し、西川は、デジタルカメラで撮影し、パソコンでRAW現像を行い、インクジェットプリンターでカラー作品を制作しています。

 今回、この二人が撮影方法(input=入力)を入れ替え(eXchange=交換)、お互いが撮影したフィルム、データから、自分の解釈で作品を選び、自分なりの制作方法で作品を仕上げる(output=出力)試みを行います。友長がデジタルカメラで撮影したデータを西川が受け取り、インクジェットプリンターで作品を仕上げ、西川がフィルムカメラで撮影したモノクロフィルムを友長が受け取り、モノクロプリントとして作品を仕上げます。

 果たして、出来上がった作品は、撮影者の意図したものに仕上がるのでしょうか。それとも、全く異なる作品として仕上がるのでしょうか。

展示構成

会期前半:archival pigment print(インクジェットプリント)A3 9点、ゼラチンシルバープリント 11×14 9点

会期後半:archival pigment print(インクジェットプリント)A3 9点+A4 11点、ゼラチンシルバープリント 11×14 9点

*会期後半(9月9日〜20日)は、作品を入れ替え(18点中17点入れ替え)、追加(11点追加)しています。会期前半(8月19日〜30日)の作品は、プリントを手に取ってご覧いただけます。また、会期前半の作品を納めた冊子を会場で販売しています。

 

会期中の作家在廊予定

作家友長・西川は交替で全日在廊予定です(主に友長が日月火、西川が金土日に在廊予定)。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

川井ケンゾー写真展「なにげなくをさりげなく」

展覧会概要

タイトル:「なにげなくをさりげなく」

作家名:川井 ケンゾー

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年7月29日(金)〜8月7日(日) *通常と会期最終日の曜日が異なります

休廊日

8月1日(月)〜4日(木) *通常と休廊日が異なります(金土日のみ開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 松原豊

開催概要

川井さんは兵庫県在住の写真家。一年に3冊のペースで自作の写真冊子を制作している方です。gallery176での展示にも足繁く通ってくれると共に、gallery176で開催する「写真を観る会」への参加者でもあります。運営メンバーに写真を見てもらう中で川井さんの写真展を開催することになりました。今回は国内各地の変わりゆく地方を記録撮影したシリーズの白黒写真作品を展示します。休日写真家として歩んできた川井さんの写真軌跡を会場でご覧いただければと思います。


gallery 176 川井ケンゾー展担当  松原豊

作品説明

私は、スナップショットが好きで、休日の限られた時間に街頭へ繰り出しては、シャッターを押すことを繰り返してきました。

近年は、人口減少時代を迎えて急激に変わりつつある日本の姿を少しでも記録しておきたいという思いも重なり、地方へも足を伸ばしています。

それぞれの現場では、予めイメージしていたその土地を象徴する景色のほかに、無名のなにげないシーンに数多く出会います。私は、ごく自然体で、時には無意識のままに、さりげなく、それらをカメラに収めます。

写真になることが全く予期されていなかったものが写真となって眼の前に再び立ち現れたとき、私は、何よりも強固なリアリティと醍醐味を感じるのです。

シリーズ「日本の地方」としてこれまでに編んだ写真集は16冊を数えます。展示プリントは、冊子に収録した写真に未発表のものを交えて構成しました。

川井ケンゾー

展示構成

インクジェットモノクロプリント28点(予定)、210×297mm。
冊子16点、A4判、40ページ。
会場内にて動画(5分)上映予定

川井さんに松原がインタビューを掲載した季刊誌「NAGI-84号」(月兎舎)を会場にて販売予定。

 

会期中の作家在廊予定

作家川井さんは会期中在廊予定です。在廊予定の詳細は、後日Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

鈴木郁子写真展「遥遥【はろばろ】」

©︎ IKUKO suzuki

展覧会概要

タイトル:「遥遥【はろばろ】」

作家名:鈴木 郁子

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年7月16日(土)〜7月24日(日) *通常と会期初日・最終日の曜日が異なります

休廊日

7月19日(火)〜22日(金) *休廊日が通常とは異なります(土曜、日曜、祝日のみの開催)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 鈴木郁子

作品説明

旅写真。今回は秋田県角館、象潟と九州大分県別府を訪れた。時期はそんなに離れておらず、秋田ではもうすぐ雪の降る季節だったのに対し別府は撮影していると汗の出る暖かさ。象潟は松尾芭蕉の奥の細道最北の地ということもあり、いつもの旅人気分が一層深まった。タイトル・遥遥【はろばろ】は遠くから、また、遠方へという意味でこの展示がまさにそれだと、つけた。

展示構成

カラーネガ タイプCプリント

 

会期中の作家在廊予定

作家鈴木は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

村中修写真展「Still Lifes on slow life 2020-2022」

展覧会概要

タイトル:「Still Lifes on slow life 2020-2022」

作家名:村中 修

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年6月17日(金)〜6月28日(火)

休廊日

6月22日(水)、23日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176

開催概要

2020年にビジュアルアーツ大阪の学校長を退任された村中修(むらなかおさむ)氏のgallery 176企画展「Still Lifes on slow life 2020-2022」。

長年に亘って写真教育の現場に立ち、多くの作家やフォトグラファーを送り出してきた氏の「今」を捉えた展覧会です。

作品説明

 2020年3月に40年務めた学校を退職した。校長として多いときは月に二度、三度と東京に出張し、毎日朝9時に出勤し、夜9時に退社するような生活から、いきなり「Slow Life」になった。そしてそれは奇しくもコロナの感染による「新しい生活」と共に始まった。

 時間はできたが、コロナで旅行に行くことはもちろん、出歩くこともさえも制限された。そこでステイホームでも撮影できる「Still Life(静物写真)」の撮影を始めることになった。今まで学校で使っていたような高級な機材や充実した設備はないが、幸い最小限の機材と自然光の入る部屋があった。手元にあった「もの(被写体)」に加えて、新たにインスピレーションを喚起してくれる「もの」を捜した。そして「もの」が集まると部屋にセットを組み、あるいは窓からの光を使い撮影した。今回ギャラリー176のご理解を得て、2年間の「Slow Life」で制作した「Souvenir」、「flowers」、「Window Light」、「Red line」と言う四つのStill Lifeのシリーズを展示させていただくことになった。

「Souvenir」:記憶をテーマにした従来からのコンストラクテッドな作品「Recollection」シリーズからの発展的継続。日記をイメージして紙の上に被写体を置き、砂やホコリなどで時間を表現した。

「flowers」:敬愛する写真家アーヴィング・ペンの名作「flowers」へのオマージュ。白の背景に生命としての花を象徴的にではなく植物図鑑のように即物的に写し込むことを考えた。

「Window Light」:窓からの光で撮影したシリーズ。時間経過で光の方向が変わり、色も変化する。変化する光をアクリルのプリズムや立体で表現し、刻を感じる古びたものと組み合わせた。

「Red line」:構成要素として画面に赤い線を入れ込むことで生まれる異化作用を狙った。古くから持っていたアイデアだったが、赤い線だけを残してモノクロ化できたのはデジタル時代だからこそ可能になった。

展示構成

インクジェットプリント 22点 額装(予定)

 

会期中の作家在廊予定

作家在廊予定日 

6月17日・18日・19日・21日・24日・25日・26日・27日・28日

尚、急な変更がある場合などはSNS等でお知らせいたします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

坂本陽写真展「BEAM」

展覧会概要

TOTEM POLE PHOTO GALLERY × gallery 176 交流展

タイトル:「BEAM」

作家名:坂本 陽

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年7月1日(金)〜7月12日(火)

休廊日

7月6日(水)、7日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 坂東正沙子

展示概要

 TOTEM POLE PHOTO GALLERY × gallery 176交流展企画第五弾を開催します。

 今回はTOTEM POLE PHOTO GALLERYの運営メンバーである坂本陽さんをお招きし、2019年以降の作品「反抗の輪郭」、「Telescope」、「BEAM」、「METEOR」からセレクトした写真を展示して頂きます。また11月にはgallery 176運営メンバーの坂東正沙子がTOTEM POLE PHOTO GALLERYにて展示を予定しております。

 坂本さんとはニコンサロンでの展示で初めてお会いしましたが、以前からSNSやWEBなどでお互いの写真を見知っていました。どこか色気があり、ドラマティックな光景、儚い情景を逃さず捕まえる美的感覚に私は惹かれていました。彼女の死生観が反映されたその「瞬き」は存在の尊さを私達へ照らしているようです。光と闇のコントラストが生む鮮烈なイメージと対象に寄り添う慈愛の視線は、まさに生への賛美であり、それが彼女の写真の正体ではないかと私は思います。バンド活動をしている仲間と過ごした時間がロックな精神を育んだのか、まるで本能のように生のエネルギーに呼応しています。身近にあった音楽と写真とが彼女の中でひとつになり、眺めているとその場の空気を奏でた楽曲を聴いているように感じる程、メロディアスな写真を紡いで魅せてくれています。

 大阪での貴重な展示となりますので、ぜひこの機会にご覧ください。 

gallery 176 坂東正沙子

作品説明

写真を撮る時にはいつも光の様なものを探してしまうと思っていたけれど、影がないと光は認識できないので光を探しているのか、美しい影を探しているのか本当のところは解らない。

虫が街灯に集まるのは何故だろうと調べたら、正確には光に集まろうとしている訳ではなく、本来は月の光を背に暗闇の中を平行に飛ぶ性質があるので、 外灯などの点光源には旋回して近づいてしまうとの事だった。

光を目指しているわけではなく、光を背にして暗闇を飛びたいらしい。

目指す方向になにも見えなくても、光の気配をどこかに感じれたら、暗闇の中も怖がらずに進める。

坂本 陽

展示構成

インクジェットプリント、約40点予定

 

会期中の作家在廊予定

作家坂本さんの在廊予定は7月1〜3日、10日〜12日です。

変更があった場合はこちらのページ、facebook、twitter、Instagram等でお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

前川朋子・宮脇慎太郎写真展「双眸 —四国より—」

展覧会概要

タイトル:「双眸 —四国より—」

作家名:前川 朋子、宮脇 慎太郎

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年5月20日(金)〜5月29日(日) *会期最終日が通常と異なります

休廊日

5月25日(水)、26日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 木村孝

開催概要

私が生まれ故郷である四国で活動をはじめて7年になります。

前川さんとは、石川直樹さんが講師を務めるアーキペラゴ写真学校を通じて知りました。結婚を機に四国へと移り住み、自身の家族や身近な風景の撮影を続けていらっしゃいます。宮脇さんとは、四国で生まれ育ち、東京で写真を学び、そして郷里へ戻ってきて活動を行っているなど共通点が多く、必然的ともいえるように写真のこと、地方での活動のことなどを話すようになりました。

前川さんの、日常や家族を通じて自身とその世界を再発見するかのような視線。宮脇さんの、自身がいる場所への発見と礼賛の姿勢。四国での日々が、東京や都市に対するアンチテーゼとしてではなく「いま、ここ」の瞬間の堆積、「わたし」たちの価値観として存在していることを再認識させてくれます。

gallery 176 木村孝

作品説明

2015年から、徳島の風景と自分の娘を撮影し続けている。些細な日常の写真が、様々な感覚や記憶を想起させ、最も身近な他者である娘とわたしの、互いに異なる経験や記憶を結ぶプラットホームとなり、その経験と記憶を育てていく手がかりとなる不思議。今の集積である写真を見返し纏めるという試みの連続が、新たな発語の獲得に繋がりやがてそれらが呼び水となり、周縁の溢れた言葉の数々と共鳴し「ここにいる」という不確かな表明を揺れながらも照らしうると淡く願っている。

前川朋子

瀬戸内海の孤島にある、ハンセン病の隔離療養施設で没した詩人の蔵書。それを故郷に届けるという不思議な旅をしたのはもう6年前のこと。そこは四国の西の果て、宇和海。高松を出発した時の鼠色の空は一気に晴れ渡り、冬景色は菜の花の咲き乱れる春の風景へ。当時秘境と呼ばれた祖谷の写真集を作成するため、ひたすら四国の山に通っていた自分にとって、その最果ては全てが光の中にあるようだった。

宮脇慎太郎

展示構成

プリント 計30点程度

 

会期中の作家在廊予定

作家前川さんの在廊予定は、5月20日(金)、21日(土)、22日(日)、28日(土)、29日(日)です。作家宮脇さんの在廊予定は、5月20日(金)、24日(火)、27日(金)、28日(土)、29日(日)です。在廊予定に変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら

西川善康写真展「マチノニワ」

展覧会概要

タイトル:「マチノニワ」

作家名:西川 善康

会場

gallery 176(ギャラリー イナロク)

大阪府豊中市服部元町1-6-1/阪急宝塚線 服部天神駅(梅田から11分)下車 徒歩1分

会期

2022年5月6日(金)〜5月17日(火)

休廊日

5月11日(水)、12日(木)

開廊時間

13:00〜19:00

企画

gallery 176 西川善康

展示概要

 私(西川)は大学では造園を学び、造園設計の仕事をしていました。その後、フィリピンに青年海外協力隊員として赴任し、帰国後、写真や映像、デザインの仕事をしています。

 これまで、自らの原点である造園、庭園に関連する作品「garden」、アジア(主にフィリピン、台湾)の人々の営みや風景をまとめた作品「DAVAO 1996-1999」「DAVAO 2019」「マチハニワ」などを発表しています。

 2021年5月に発表した「マチハニワ」(街は庭)は、緑あふれる台湾の街の光景を、人が無意識に創り上げた「庭園」と見立てた作品でした。今回は、日本の都市部の公園に着目し、「マチノニワ」(街の庭)と題し、作品を発表します。

作品説明

 「公園」は「public garden」を直訳したもので、明治初期にできた言葉と言われています。日本に最初の公園が出来たのも明治初期で、まだ150年足らずしか経っていません。元々が西欧文化である公園は、その後、日本人の文化、生活に馴染んでいったのでしょうか。「一般に開かれた庭園」である「公園」は、「街の庭」(マチノニワ)となっているのでしょうか。

 公園(都市公園)のうち、一番身近なものが「街区公園 *1参照」(以前は児童公園と呼ばれていました)です。都市部であれば、徒歩圏内に一つ二つは街区公園があります。多くは、広場やベンチ、屋根付きの簡易休憩所、ブランコ、すべり台、砂場などの遊具があります。

 しかし、公園(街区公園)の使われ方は、場所や使う人によって様々です。ファミリー向けの集合住宅が多いところでは、就学前のお子さんを遊ばせているのを見かけますが、オフィス街では、サラリーマンやタクシードライバーの休憩所、喫煙所となっています。幹線道路沿いなど、平日の日中は人が全くいない公園もあります。

 今回の写真展では、都市部の構造物(建築物、高架道路)の中に溶け込む、あるいは埋没している公園を写し取り、公園が日本人にとって「マチノニワ」(街の庭)となってるのか考察していきたいと思います。

 

*1 街区公園(以前は児童公園と称していた)は、一番身近で小規模な都市公園(都市公園法に定められた、国または地方自治体が設置した公園)で、「もっぱら街区に居住する者の利用に供することを目的とする公園で、誘致距離250mの範囲内で1箇所当たり面積0.25haを標準として配置する(現在は、誘致距離標準は廃止されている)」とされています。

展示構成

archival pigment print(インクジェットプリント) 32点(+おまけ展示26点)

 

会期中の作家在廊予定

作家西川は全日在廊予定です。変更がある場合は、Facebook、Twitterでお知らせします。

gallery 176の感染防止対策に関して

*ご来廊の際は、「gallery 176の感染防止対策に関して」をご一読ください。

» 続きはこちら